アメリカン・スリープオーバーの作品情報・感想・評価

アメリカン・スリープオーバー2010年製作の映画)

THE MYTH OF THE AMERICAN SLEEPOVER

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:97分

3.9

あらすじ

新学期を目前に控えた夏の終わり、マギーはプールサイドで自分の夏の“物足りなさ”をなげき、「もっと“楽しいなにか”をするべきじゃないか」とぼやいていた。翌日に街で開かれるパレードで、仲間たちとダンスを踊ることになっているマギーは、ダンス仲間からその日夜開かれるスリープオーバー(お泊まり会)に招待される。しかしお泊まり会を子供っぽく思った彼女は、友達の家へ顔を出す前に、知り合いから教わった年上のパー…

新学期を目前に控えた夏の終わり、マギーはプールサイドで自分の夏の“物足りなさ”をなげき、「もっと“楽しいなにか”をするべきじゃないか」とぼやいていた。翌日に街で開かれるパレードで、仲間たちとダンスを踊ることになっているマギーは、ダンス仲間からその日夜開かれるスリープオーバー(お泊まり会)に招待される。しかしお泊まり会を子供っぽく思った彼女は、友達の家へ顔を出す前に、知り合いから教わった年上のパーティに乗り込むことに。そこでマギーは、昼間プールで見かけた年上の男と再会する。一方その夜、街では他にもいくつかのスリープオーバーが同時に開かれていた。そのなかで、少年は一目惚れした女性を探し、少女は友達の家で彼氏の浮気を知り、青年は恋した双子の少女に会いに行こうとする。夜が更けるにつれ、それぞれのスリープオーバーが互いに影響しあい、やがて彼らは探していたものに手が届きそうになるのだが……。

「アメリカン・スリープオーバー」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

4.4
ある者は憧れの年上の世界へ、ある者はスーパーで出逢った運命を追って、その夜それぞれがスリープオーバー(お泊まり会)を経て成熟していく10代心理。
ジュヴナイルな一晩の作品。青春の放つ無償の煌めきってこういうことなんでしょう。

本題:The Myth of the American Sleepover=アメリカお泊まり神話。
静かな夜に起きる"何か"に胸躍らせる淡さを眺めているだけで味わえる本作。
朝がきたら幻想に感じる、あの刹那に生きている少年少女群像劇。
Hymne

Hymneの感想・評価

3.8
The 刹那
ひで

ひでの感想・評価

5.0
何気ない日常に冒険を求める10代の青春を、これ以上なくうまく捉えていて、最高だった。

匂い、風と温度を伝える画作りが天才的。

チルさ5億点。
いくつかのお話が同時進行していくので少し混乱してしまいました。

ああいう感じのお泊まり会やってみたかったな。
みんな恋愛してドキドキしてキスして羨ましかったです。

ほんと10代のあの頃ってすぐ終わってしまうのにその当時は何で早く大人になりたがっちゃうんでしょう。
チャリンコ漕いでるだけのシーンでもなんだか懐かしい気持ちになりました。
sato

satoの感想・評価

-
全体的に天才なんだけど特に終盤のウォータースライダーのシーンが天才すぎる
エンディングの歌詞も天才
天才づくしでお腹いっぱい
うさぎ

うさぎの感想・評価

3.4
やり残した10代の青春
じゅんP

じゅんPの感想・評価

3.0
全部が全部「キスしたい話」でしかなくて、この日に賭ける思いはわかったし、別に性欲に特化しててもいいんだけど、叶わないソレを同性同士でバカやって発散するでもなく、音楽とか他のことに注ぎ込むでもなく、綺麗事みたいな一夜の甘酸っぱい思い出的にお茶を濁してるのがダサいなー。

そのダサさまで併せ呑んで青春ってことだとしても、さすがに青臭いだけで何もなさ過ぎ。
yehimu

yehimuの感想・評価

3.8
みんな大好きイットフォローズ監督の処女作。セカンドロイヤル界隈主催の京都上映も仕事で行けなかったので本当観れて嬉しい。廃墟とかプールとか学校の廊下とかの雰囲気はイットフォローズに繋がっていく予感がバシバシするんだけど、追いかけて来るヤツが居ないだけでこんなにも青春!プロムナイトに憧れていた私の青春ゾンビダイアリーにスリープオーバーという概念が増えました。
え

えの感想・評価

3.8
みんなの青臭さにむずむず
ことばが単純だから率直でビシビシ

こんな夜を経験しても、大人になったように見えても、案外変わらないんだろうな
そのくらいがいいんだろう
今のうち、刺激的って感じで
のちのち思い出した時に、よかったなぁってなる、そのくらい

だから今は自由でいさせて!と思ったり
Marin

Marinの感想・評価

3.8
「あなたのことは好き。でも今夜はもう充分なの」って言える16歳すごい。
一夜の物語で水辺のシーンが多いのですごく好きな雰囲気だった。
ささやかだけれど、いい作品だと思う。
>|