アメリカン・スリープオーバーの作品情報・感想・評価

アメリカン・スリープオーバー2010年製作の映画)

THE MYTH OF THE AMERICAN SLEEPOVER

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:97分

3.7

あらすじ

新学期を目前に控えた夏の終わり、マギーはプールサイドで自分の夏の“物足りなさ”をなげき、「もっと“楽しいなにか”をするべきじゃないか」とぼやいていた。翌日に街で開かれるパレードで、仲間たちとダンスを踊ることになっているマギーは、ダンス仲間からその日夜開かれるスリープオーバー(お泊まり会)に招待される。しかしお泊まり会を子供っぽく思った彼女は、友達の家へ顔を出す前に、知り合いから教わった年上のパー…

新学期を目前に控えた夏の終わり、マギーはプールサイドで自分の夏の“物足りなさ”をなげき、「もっと“楽しいなにか”をするべきじゃないか」とぼやいていた。翌日に街で開かれるパレードで、仲間たちとダンスを踊ることになっているマギーは、ダンス仲間からその日夜開かれるスリープオーバー(お泊まり会)に招待される。しかしお泊まり会を子供っぽく思った彼女は、友達の家へ顔を出す前に、知り合いから教わった年上のパーティに乗り込むことに。そこでマギーは、昼間プールで見かけた年上の男と再会する。一方その夜、街では他にもいくつかのスリープオーバーが同時に開かれていた。そのなかで、少年は一目惚れした女性を探し、少女は友達の家で彼氏の浮気を知り、青年は恋した双子の少女に会いに行こうとする。夜が更けるにつれ、それぞれのスリープオーバーが互いに影響しあい、やがて彼らは探していたものに手が届きそうになるのだが……。

「アメリカン・スリープオーバー」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

4.3
ある者は憧れの年上の世界へ、ある者はスーパーで出逢った運命を追って、その夜それぞれがスリープオーバー(お泊まり会)を経て成熟していく10代心理。
ジュヴナイルな一晩の作品。青春の放つ無償の煌めきってこういうことなんでしょう。

本題:The Myth of the American Sleepover=アメリカお泊まり神話。
静かな夜に起きる"何か"に胸躍らせる淡さを眺めているだけで味わえる本作。
朝がきたら幻想に感じる、あの刹那に生きている少年少女群像劇。
り

りの感想・評価

-
ティーンの映画もなにも起こらない映画も好きなはずなのにこれはちょっと 二人の女の子のことを好きって言ってた男の顔かなり不気味じゃない?
shimu

shimuの感想・評価

3.0
こんなの日本ではありえないなーって
思いながら鑑賞😂
河合

河合の感想・評価

3.9
何もおこらないんだけど
夏の夜むやみに家から出たくなる
eri

eriの感想・評価

2.2

大人になろうとする思春期の頃の青春映画

若い頃は早く大人になりたいと
大人びようと背伸びして、って感じが
なんとなく共感 。

でもちょっとみんな移り気すぎて
若い頃はそんなものかと思いながらも
評価はぼちぼち高いけど私は
少し映画には入り込みずらかったかな〜
駆け抜けて性春だった俺の10代との差!
流れ星。

新学期が目前に迫る夏の終わりに、少年少女たちによってあちこちで開かれる「お泊まり会」(スリープオーバー)。様々な想いを抱えながら、眠らない夜を過ごすティーンエイジャー達の一夜を描く。

スーパーマーケットで一目惚れをした女子を探す少年。プールで出会った年上の男を目当てにパーティーに参加する少女。双子に想いを伝えようとする青年。何人かの登場人物達の一夜が並行して描かれ、それぞれが非常に短いテンポで入れ替わる。
十代特有のどこか煮え切らない感情や、行き場のない気持ちなどが演技未経験の若者達から存分に溢れ出し、そこに演出や音楽が映画的な心地よさをつけ加える。昼間の少し淡いフィルターがかかったような映像や、夜の暗闇を活かした幻想的なショットも多く見られる。

大きな事件は特に起こらない。他愛もない彼らの会話に耳を傾け、時に笑い、時に少し切なくもなるが、そのどれもが誰しもが経験したことのある思春期の複雑な感情を思い起こさせ、不思議な気持ちになる。夜が明けて日常に戻ってしまった町の様子を見て、若い日常のかけがえのなさを痛感し、あの一瞬で過ぎ去ったように思える青春時代に想いを馳せずにはいられない。
azuchan

azuchanの感想・評価

3.8
巻き戻せるならこれくらいの青春時代に戻ってもっと甘酸っぱい青春、したかった、
栗最中

栗最中の感想・評価

3.2
わたしもプールサイドで踊りたい
>|