アメリカン・スリープオーバーの作品情報・感想・評価

アメリカン・スリープオーバー2010年製作の映画)

THE MYTH OF THE AMERICAN SLEEPOVER

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:97分

3.9

あらすじ

新学期を目前に控えた夏の終わり、マギーはプールサイドで自分の夏の“物足りなさ”をなげき、「もっと“楽しいなにか”をするべきじゃないか」とぼやいていた。翌日に街で開かれるパレードで、仲間たちとダンスを踊ることになっているマギーは、ダンス仲間からその日夜開かれるスリープオーバー(お泊まり会)に招待される。しかしお泊まり会を子供っぽく思った彼女は、友達の家へ顔を出す前に、知り合いから教わった年上のパー…

新学期を目前に控えた夏の終わり、マギーはプールサイドで自分の夏の“物足りなさ”をなげき、「もっと“楽しいなにか”をするべきじゃないか」とぼやいていた。翌日に街で開かれるパレードで、仲間たちとダンスを踊ることになっているマギーは、ダンス仲間からその日夜開かれるスリープオーバー(お泊まり会)に招待される。しかしお泊まり会を子供っぽく思った彼女は、友達の家へ顔を出す前に、知り合いから教わった年上のパーティに乗り込むことに。そこでマギーは、昼間プールで見かけた年上の男と再会する。一方その夜、街では他にもいくつかのスリープオーバーが同時に開かれていた。そのなかで、少年は一目惚れした女性を探し、少女は友達の家で彼氏の浮気を知り、青年は恋した双子の少女に会いに行こうとする。夜が更けるにつれ、それぞれのスリープオーバーが互いに影響しあい、やがて彼らは探していたものに手が届きそうになるのだが……。

「アメリカン・スリープオーバー」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

4.4
ある者は憧れの年上の世界へ、ある者はスーパーで出逢った運命を追って、その夜それぞれがスリープオーバー(お泊まり会)を経て成熟していく10代心理。
ジュヴナイルな一晩の作品。青春の放つ無償の煌めきってこういうことなんでしょう。

本題:The Myth of the American Sleepover=アメリカお泊まり神話。
静かな夜に起きる"何か"に胸躍らせる淡さを眺めているだけで味わえる本作。
朝がきたら幻想に感じる、あの刹那に生きている少年少女群像劇。
みたあとのアフターアワーズ感
ポチャ

ポチャの感想・評価

3.0
都合良いな、、と。でもラストのしけた祭感は好き
のるこ

のるこの感想・評価

3.7
なるほどこれは確かに神話だ、とエンディングの余韻に浸りながら思った。

ある者は昔を振り返り、恋心にケジメをつけて新たなスタートを切る。
ある者は背伸びして冒険して、少しだけ大人の世界へ踏み入れる。
ある者は一目惚れの女の子を追い、ある者は浮気の復讐をする。

衝動的で無計画で、どうしようもなく愛おしい青春。それを今までにないほどの鮮度と青臭さで描いた神話でした。
身に覚えがあったりなかったりするなぁ〜。
夜の場面、大人が出てこないの良いな
yui

yuiの感想・評価

3.5
モスキータ、今まで観たパロディのなかで最高に好き
emikoooo

emikooooの感想・評価

3.5
アメリカ文化だなあ〜という感じ。

Sleep overを実際に肌で感じたことがないから、共感するというよりは違う世界を楽しく観させてもらったという感じ。

日本で言うところのお泊まり会とはちょっと違って
少し派手で、大人の世界に片足つっこんでるんだけど青くさい恋愛が可愛らしくて印象的でした。
>|