アメリカン・スリープオーバーの作品情報・感想・評価

アメリカン・スリープオーバー2010年製作の映画)

THE MYTH OF THE AMERICAN SLEEPOVER

上映日:2016年08月27日

製作国:

上映時間:97分

3.7

あらすじ

「アメリカン・スリープオーバー」に投稿された感想・評価

OASIS

OASISの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

今ここでキスをするかしないかで人生が決まってしまいそうに思えてしまう、永遠にも感じられる儚さが夜を駆け抜ける。
同時多発的に想い想われ、息がかかる距離に居てももう一歩が踏み出せない弱気さがやきもきさせる。
揺れる感情、彷徨う目線、湧き上がる想いを、赤裸々に語る事なくだが確かに画面に描き出していた。
「アンダーザシルバーレイク」を観る前に過去作を鑑賞。アメリカのパリピ文化が形成される上で、スリープオーバー(お泊まり会)の重要性を学びましたとさ。

リンクレイターの「バットチューニング」っぽい青春映画だったけれど、「バットチューニング」がセリフとかカルチャーで攻めてるとしたら、「アメリカンスリープオーバー」は表情とかカメラアングルとかの映像で、より抽象的に撮っている感じ。

そう言えば、友達の家でお泊まり会なんてしたことないなぁ。まぁ、誘われたとしてもめんどくさくて断ってたと思うけど。他人の家ってそもそもあまり好きじゃない。
hachi

hachiの感想・評価

4.2
お泊まり会という青春

お酒を飲んで、タバコを吸って、キスをする
その時しかない若者の時間を見事に切り取った、アメリカでしか撮れないようなアメリカらしい映画

携帯とかないけど時代設定はいつなんだろ
でもあまり時代性を感じない、いつの時代にでもあるような雰囲気がいい

群像劇なのにバランスよくまとまった人物関係
デヴィッド・ロバート・ミッチェルの長編デビュー作
歌麿

歌麿の感想・評価

3.8
アンダーザシルバーレイクを見て監督のデヴィッド・ロバート・ミッチェルをの過去作が気になり→イットフォローズ→今作と鑑賞。

ティーンの夏の一夜の話。
夏休みの一夜が、大人になった今の何倍も濃い日になることはあったな。
少し痒くなりつつも、綺麗なシーンが多く、終わり方をどうするのか?と最後まで見せる手腕はさすが。

青春を懐かしむ人は、エンドロールの音楽を聴くための90分なのかもしれない。

この監督は歳を取るほど青春時代を羨やみ、モラトリアムを抱え、人に見えない想像の世界を旅し、アンダーザシルバーレイクのラストシーンで大人になる事を受け入れた気がする。

3作ともに水中のシーンがあり 水中と俯瞰のカットがあれば満足してしまう自分の好みにピタリと当てはまることを理解。

また、ラストシーンの気持ちよさも好み。

このレビューはネタバレを含みます

『アンダー・ザ・シルバーレイク』の監督デヴィッド・ロバート・ミッチェルのデビュー作。

鬼才と呼ばれるような作品を作る監督なので、どんな作品か期待したが‥意外なほど普通の恋愛映画。

「お泊り会」に行く少年少女の恋愛模様を映画いた作品。
普通なんだけど、なんか最後まで観てしまった。

侮れないね、この監督!

https://xn--u9j1gsa8mmgt69o30ec97apm6bpb9b.com/2018/10/20/the-myth-of-the-american-sleepover/
アマンダバウアーがぐうかわです…
すごく強いおさげ、みたいな髪型をこの監督は好きなのかな?と思いました…可愛いし、オシャレ…
やはりファッションから日本とは雰囲気が違うというか、同じ服を日本人が着て同じことをやってもこうはならないというか…日本には無い「青春」って感じがします…日本人にしかできない青春もあるので、これに憧れるというよりは、違いを楽しむというのもあるのかな〜と思いましたが、それにしても全体的に出てくる子がぐうかわなのはいいです…途中男の主人公?が訪れる特にドラマもない家の主人の女の子さえ、ぐうかわでした…
RyoS

RyoSの感想・評価

3.6
アメリカが秋始まりで夏が学年の変わり目っていうのがとても重要なんだよなきっと。「きみの鳥はうたえる」のアメリカ高校生版って感じ。群像劇だが観やすくて飽きなかった。
甘酸っぱ〜
日本との文化ちゃい過ぎて、マセガール多すぎひん
アンダーザシルバーレイクを観て。
こちらをさきに観ていたら、アンダーザシルバーレイクで、もっと自慰てきな快感が増したんかもしらん。
この監督の作品、きらいじゃない。
好き!って言えないのは 痒くなるから。
いろんなキスがあって、塩っぱい。
>|