繕い裁つ人の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

繕い裁つ人2015年製作の映画)

上映日:2015年01月31日

製作国:

上映時間:104分

3.4

あらすじ

神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を…

神戸の街を見渡す坂を上ると、その店はあった。 「南洋裁店」という小さな看板が掛けられた、古びた洋風の一軒家。 昔ながらの職人スタイルを貫く手作り一点ものの店は、日々来客で大賑わい。 神戸のデパートに勤める藤井は、市江にブランド化の話を持ち掛けるが、まるで“頑固じじい”のような彼女は、全く興味を示さない。 祖母で一代目が作った服の仕立て直しとサイズ直し、あとは先代のデザインを流用した新作を少しだけ、市江はそれで満足だった。 「一生、着続けられる服を──」 南洋裁店の服は、世界で一着だけの一生もの── それが市江の繕い裁つ服が愛される、潔くも清い秘密だった。 だが、自分がデザインしたドレスを作りたいはずだという藤井の言葉に、生まれて初めて市江の心は揺れ動く──。

「繕い裁つ人」に投稿された感想・評価

Akari

Akariの感想・評価

3.2
んー期待とは違いました

でも、着るものがその人自身のモチベーションを変えるのには納得!!おしゃれとは、自分のためにするもの
結構良い話で感動した。
説明が難しい!!
でも素敵な感じでした。
昔買った服の大事さ教えてる感じがした。
中山美穂と三浦貴大が良い役だった。

実は永野芽郁が出演してるから観て観ました。
2年前でポスターにも永野芽郁の名前無いから全く映らないんだろうな〜って思ってたけど、結構台詞あってちゃんとした脇役で良かった。
ポスターに名前載っけてあげれば良いのに〜(*´Д`*)
fuo

fuoの感想・評価

4.5
この映画の雰囲気、好きだな。
ふとした時に観たいかも。
片桐はいりの存在感が抜群でした
独特の空気感に包まれる映画ですなあ。芯のある映画というか。三島さんの映画は不思議です。なにか惹き付けるものが。同じ場所が何度も出てくるのはクセになる。三島さんの他の映画も。

時代錯誤だけれども、と思う若者がたくさん観たらいいとおもうんだ。今着ている洋服がどこから着て、どんな作られ方をしているのか、何も知らずにぽいぽい捨てている。
しっかしいまは、なかなか高い服が買えない世の中よ。消費消費〜〜。

映画は大切だなあ。一人の人生を照らして、かつ、光をあてたものが他の人の大切なものになる。
miyuki

miyukiの感想・評価

3.2
変わらずに受け継いでいくことも大切かもしれんけど、誰かのために変わろうと努力できたらもっと素敵!

"おしゃれは自分のためにするもの。でも、とっておきの服はたった一人の誰かのために着るもの。"
夏海

夏海の感想・評価

3.7
素敵な映画でした、大人が良いものを長く大切にするってとても素敵で憧れることだなぁと思った。職人プライドもとてもかっこよくて、終わり方もとても好きだった!
ued

uedの感想・評価

3.9
ずっと見たかったやつです。

「着る物によって心の持ちようも変わるんだから」
「お洒落は自分のためにするもの。でもとっておきの服は、たった一人の誰かのために着るもんだって」

私の祖母は洋服が大好きで、
本当は洋裁関係の仕事がしたかったと言っていた。
私は流行りの洋服とかわからないし、
可愛らしい服も着られないけど、
ずっと私が好きな服を着ていたいと思います。
なんていとおしい映画だろう。
ひとつひとつのカットがうつくしく丁寧で、ついほれぼれと魅入ってしまった。中谷美紀がひたすらに素晴らしい。
洋裁をしているので、ものすごく心揺らぐ映画。

漫画の雰囲気にもあっていて。

モテるためだったり、流行を追っていたり、すぐすぐ変わってしまうこの時代に、先代(祖母)の流用した新作と仕立て直しで生計を立て、芯を曲げない凜とした頑固オヤジの市江(中谷美紀)を中心として進んで行く。

今、自分の洋服を考え直してみるいい映画になった。

自分のためのオシャレだったり、一生ものだったり。
日々過ごしている中でも、毎日一緒に過ごしている相手でも
オシャレしていたいなって思うような、、、
クラゲ

クラゲの感想・評価

3.4
読書ノート[4]

「繕い裁つ人」観た。

生活感の無い役をさせたら中谷美紀は天下一品!(笑)

チーズケーキ美味そう。

映像の構成要素全てがお洒落でした。

仕立てた洋服に併せて自分自身も仕立てる、そんな贅沢をそろそろ始めてみてもいいのかも。