ミラクル・ニール!の作品情報・感想・評価

ミラクル・ニール!2015年製作の映画)

Absolutely Anything

上映日:2016年04月02日

製作国:

上映時間:85分

3.5

あらすじ

はるか銀河系の先の先――。そこではエイリアンたちが地球滅亡を企んでいた。しかし銀河系でどんな星も一度は存亡のチャンスを与えるべきと定められている為、超適当に地球人をひとり選んで地球の運命を預けることになった――。知らぬ間に地球の運命を背負わされたロンドンの教師ニールは全知全能の力を手に入れる。しかし、そのパワーで愛犬のデニスとお喋りをしたりロクなことに使わないニールだった。はたしてニールは地球の…

はるか銀河系の先の先――。そこではエイリアンたちが地球滅亡を企んでいた。しかし銀河系でどんな星も一度は存亡のチャンスを与えるべきと定められている為、超適当に地球人をひとり選んで地球の運命を預けることになった――。知らぬ間に地球の運命を背負わされたロンドンの教師ニールは全知全能の力を手に入れる。しかし、そのパワーで愛犬のデニスとお喋りをしたりロクなことに使わないニールだった。はたしてニールは地球の運命を変えられるのか!?

「ミラクル・ニール!」に投稿された感想・評価

サイモン・ペッグ+モンティパイソン+ロビン・ウィリアムスと、この組み合わせで面白くならない筈はないのだが、まるでケミストリー起きていなかった。なんとも焦点の定まらない中途半端なコメディになっている。

はるか銀河のかなたの超文明人が、無作為に抽出したひとりの平凡な中学教師(サイモン・ペッグ)に超能力をあたえる。かれがその能力を、善に使うか悪に使うかによって、人類の未来を決めるためである。

この基本プロットはたしかにモンティパイソンっぽい。SF描写がふざけてるんだか真面目なんだか分からないバランスなのもいい。あと、主人公サイモンペッグの中学校や、彼女の勤務先の出版社の描写も、風刺が効いている。

ただ全体的に要素が多すぎて焦点が定まらない。たとえばこの映画に「喋る犬」の要素は必要でしたかね? しかもそこにロビン・ウィリアムズをあてる必要が。主人公と犬との友情を描くわけでもなく、ふたりで協力して地球の危機を救うわけでもなく、たんなるニギヤカシ要素にすぎないんですよね。

ストーリーがあっちこっちフラフラしたおかげで、ラストで主人公が、超能力を得たことと失ったことによって、ほんとうにたいせつなものは何か気が付く展開が、取ってつけたようなものになっている。
RICH

RICHの感想・評価

2.5
SFコメディ映画

むやみに右手を振るのはやめよう。
エンドクレジットのロビンウィリアムズのアフレコシーンは良かった。
M少佐

M少佐の感想・評価

3.9
 「ビスケット!ビスケットビスケット」

1972年、遥か彼方の知的生命体へ、地球の座標と人類の姿を描いた鋼板が宇宙へ放たれた…
そして現在。
作家志望の、うだつの上がらない教師。
その男に全能の力が授けられる。
銀河の均衡を保つ宇宙人の組織が、地球の品定めをするために無作為に選んだのだ。
地球の命運は、この男の右手に委ねられた…

男の下らない妄想大爆発映画。
もし全能になったら何をするか?
それは当然、あーんな事や、こんな事をする訳ですよ。
でも職業病なのか、そこまで派手な事はしない。
出だしで、かなりやらかしてしまったので自制したのかも。
可愛そうな友人や、巻き込まれる美人さんには同情しか出来ない。
でも笑える。
途中まで、ゆるふわな感じが、主役のペットの犬「デニス」が、主役の能力で喋り出すところから俄然面白くなる。
犬可愛い(*´∀`)何より、やけに落ち着いた声かと思ったら名優さんでした。

色々な妄想を膨らましながら見てください。
ラストはかなり好き。

スッキリ。
お馬鹿で力を抜いて観れる映画。時間も短くておやつ感覚で見て楽しめる作品。
chu

chuの感想・評価

4.0
軽く観れるて面白いコメディ映画
宇宙人も犬もかわいい
もう少し尺が長くてもいいかな
たけ

たけの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

良作。
何も考えずに見れる作品。
もしも、全知全能の力を手に入れたら。
よくあるもしも話を、よくあるレベルで実現したような内容が丁度いい。
>|