ねお

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIEのねおのレビュー・感想・評価

3.8
ストーリーとしては単純明快。何をやっても失敗ばかりのチャーリー・ブラウンの学校に、赤毛のかわいい転校生がやって来る。彼女に一目惚れしたチャーリーは、どうにか好かれようと彼なりに奮闘するものの…、というお話。

私は今までスヌーピーを見たことがなかったが、これ「ドラえもん」じゃんという印象。のび太がチャーリー、ドラえもんのような頼れる相棒がスヌーピーで、今作ではしずかちゃんが転校生としてやってきた、そんな感じ。

何をやってもダメなチャーリーとのび太、一つ根底に共通点があって、この二人は底なしに優しい。本作でも、チャーリーは自分がどんなに損する羽目になろうとも、人のためになることをする。

そうした本当に優しい人は誰かが必ず見つけてくれるもの。それがしずかちゃんであり、今作の赤毛の女の子。「ダメな奴」の中に潜む優しさを見出せる彼女たちがいたからこそ、その優しさは報われる。この構図を見て、ついドラえもんのしずかちゃんのパパの言葉を思い出してしまった。

"のび太くんを選んだきみの判断は正しかったと思うよ。 あの青年は人のしあわせを願い、人の不幸を悲しむことができる人だ。 それがいちばん人間にとってだいじなことなんだからね。"