sharpshooter

009ノ1 ゼロゼロクノイチ THE END OF THE BEGINNINGのsharpshooterのレビュー・感想・評価

3.0
戦闘マシーンとして使われてきた女サイボーグ戦士・ミレーヌ(=岩佐真悠子)が、失われた記憶を取り戻しながら戦うって話☆

あまりにも手垢が着きまくったストーリーですが、この手のセクシー・バトル・アクション作品に求めるものはそこでは無いので大丈夫。

全世界が、″ウエスタンブロック″と″イースタンブロック″に分断された世界、両国の軍事境界エリアに位置する″J国″において、熾烈な情報戦が繰り広げられていた。
ウエスタンブロックに所属する特務組織″ゼロゼロ機関″のエージェント・ミレーヌが身体を張って諜報活動をしている訳です。

怪しげなクラブや廃工場、プレイメイトが集うプール着き豪邸などでセクシーな女性アクションアクターが、胸の谷間も露(あらわ)に激しいアクションを繰り広げます!
(岩佐真悠子嬢もアクションに濡れ場にと奮闘しますが、オパーイの御開帳は当然ありません)

仮面ライダーファンならずとも坂本浩一監督の名は知っていますし、彼の手掛けるアクションシーンは、ハイスピード且つハイテンション、リアリティーを残しつつケレン味も忘れない、一言で言えば「カッケーアクション!」は健在で見もの!っつかそれだけで満足!!
彼の名前がクレジットされている作品をもっと観たい、と感じさせる一本(* ̄ー ̄)☆



○キャスト○
ミレーヌ・ホフマン=0091/岩佐真悠子
クリス、ポール/木ノ本嶺浩
ミリアム/長澤奈央
スティンガー/阿部亮平
ソガベ/横山一敏
バタフライ/緑川静香
シェリン/市道真央
イプシロン/佃井皆美
タウ/人見早苗
ミュー/下園愛弓
ナカタニ/あべまみ
アラン・ラウ/本田博太郎
Dr.クライン/杉本彩
ゼロゼロ機関ボス・020/竹中直人