神は死んだのかの作品情報・感想・評価

「神は死んだのか」に投稿された感想・評価

Shelby

Shelbyの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

主人公が教授を論破するのは説得力があって面白かった。
けれど、主人公以外の人々のストーリーについてはほぼどうでもいいし、最後のはやりすぎ…。
映画としては微妙。もう少し、主人公くんの話、というか講義の部分が多めでもよかったと思う。他の人の話とバラついて分かんなくなることあったので。
私はクリスチャン家庭で育ったので、「神は死んだ」なんて絶対書けないなー、と主人公には共感しながら観れた。自由意志とか創造論とか特に無神論…というか無関心な日本人には理解できないだろうなと思いました。無神論者と他宗教の人にはオススメできない。笑
しかし、ここのレビュー読んでて思うけど、キリスト教興味ないなら、なんでこの映画観たんだ…?
信仰するのは宗教でなく神様なんだと思う。どんな人も心に神を持って対話をしたり感じる事はできると思う。生かすも殺すもその人次第なのかもしれない。

この勇気ある学生に拍手!
他の人のスコア低くてびっくり。
確かに、後半のキリスト教推しは凄かったし、無神論者の教授がああなる風に強引に持って行ったような感も否めない。
プロパカンダ映画だったとしても、自分みたいな明確な有神論者でも無神論者でもないような人間から見たら、そんな強く否定する程でもないような。
キリスト教信仰の人が制作したのかなぐらい。

ディベートのシーンは、正しいのかどうかわからんけど面白かった。
宗教の話って、難しい。
過去鑑賞作品。
正直あんまり覚えてない…どうしてこんなに記憶力悪いのか。
mrsekut

mrsekutの感想・評価

4.0
神とか、愛とか、命とか、そういう抽象的だけど人生の大きなテーマになり得るような概念が交錯してて面白かった。思ったのは、「幸せになるために神を信じているわけじゃないのか」ということ。僕は今まで、そうだと思っていた。でも、有神論者は時として、それを信仰していることによって不幸になっていることもあるのだなというふうに感じられた。ちなみにこの映画は、神が存在する意見の方に若干バイアスがかかってるので、それを許容する余裕が無いと、見てて、は?ってなることもあるかも。
Hikaru

Hikaruの感想・評価

-
おーレビューを見るとキリスト教へのイメージが下がってる笑「監督よ、余計なことすんな感」と共に早く観ます。
ある意味コメディ。
メイズランナーより酷い映画!

映画をいろんな意味で汚した映画
kai

kaiの感想・評価

2.4
無神論者vsクリスチャンの構図は
議論の後半で崩れ去った。
正直肩透かし。
>|