ザ・マシーンの作品情報・感想・評価

ザ・マシーン2014年製作の映画)

The Machine

上映日:2014年05月31日

製作国:

上映時間:90分

2.9

「ザ・マシーン」に投稿された感想・評価

昨今の人工知能事情の解釈が秀逸
個人的には自我を持つ人工知能はできないと思うけど
どうなんだろう
マト

マトの感想・評価

3.2
前半どうにも退屈で微妙だったけれど終盤に挽回。まぁブレードランナーを想起させる部分はたしかにあるっちゃあるわな。てゆーか音楽があまりにもまんまでわろたw
女優さんなかなかよかったです。悪役ボスの小憎たらしい感じもいい。
gaspard

gaspardの感想・評価

3.0
途中まで面白かったけど展開が予想通りなのが残念だった
まあそれなりに楽しめた
序盤のつかみは良かったんだけどね。いつ反抗するんだいつするんだが見え見えなのでもすこし違う展開にした方がいいんじゃないだろうか
JACKMAN

JACKMANの感想・評価

4.0
こうゆうSFは好き。
Akihiro

Akihiroの感想・評価

2.8
機械同士が人の知らない言語で話すのは、実際にありそうで面白い!
ただ全体的に暗い内容で、途中から話の展開が読めてしまうのが残念。
娘のために公私混同するわがままな研究者のお話。ラジオドラマでも十分な脚本。マシーンは美しい。
AIって基本的に女性が多いなーと思いました。
悪のお偉いさんがデスクに盆栽飾っているところが小市民感出しててお気に入り!
BGMの曲調がブレードランナーのラストのBGMとかぶります。膨大な国防費がひとりの科学者のエゴのために使われたことを国民が知ったら怒るよね。実験に使われた兵士はもちろんだけど。
西側諸国と中国が冷戦状態ってトコロに必要悪の必要性を説いていながら、よくよく考えると全てが研究所内で起こったハプニング……で済んでしまう小ぢんまり感は如何なものか。ディテールからしてありがちだから仕方がないけど、半分見たトコロでオチまで読めてしまうのは……とりあえず、残念という表現に留めておこう。
とにかく、その選択は正しかったのか?と問い続ける姿勢を一貫したのは興味深かったけど、クライマックスへの突入の仕方が雑でガックリ。最初から登場していたインプラント兵の意味をきちんと生かして欲しかったかも。

それにしても、 ケイティ・ロッツの笑顔は可愛かったなァ。
>|