亮太

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の亮太のレビュー・感想・評価

4.8
世界最強の暗号機エニグマに立ち向かったイギリス天才学者の話。

まず脚本が凄い。ムーアは自称アランチューリング"オタク"と自称するほど彼を愛している。またそれがひしひしと伝わってくる感じ。わくわくどきどき。
そのせいでカットされたシーンが多大にあるらしい。みたい。
現実では彼の死後60年でようやく彼は報われ、今になってやっと英雄となれた。
コンピュータが世に誕生する前に人工知能を己の手で作っちゃった天才!
「世界が俺についてこれないだけ」という言葉は彼のためにある言葉なのか!
すっげー面白かった!!!