りーちゃん

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密のりーちゃんのレビュー・感想・評価

4.3
実話だということが衝撃である、最高に後気味の悪い素晴らしい作品だ。
ベネディクト・カンバーバッチの演技に声も出ない。膝から崩れ落ちそうなほど魅了された。
天才で気難しくて自信家で、周りと協調することが全く出来ない、同性愛者のアラン・チューリングは彼にしか出来ないと思う。彼の孤独の辛さがヒシヒシと…ラストにつれてこちらまで胸が締め付けられる思いだ。
弱り切ったアランが、最後ジョーンと目を合わせて微笑むところなんて…小さな表情の動きなのに、哀しみでボロボロであることが伝わる。

「誰も予想しなかった人物が想像も出来ないような偉業を成し遂げる事だってある」

コンピュータのもとになったのがエニグマを解読するマシン、クリストファーだった。アランはクリストファーのことをひと時も忘れずに側にいたかったのだなと思うが、同性愛が犯罪とされていなければ傷はもっと癒されたのではないか?
戦争が文明を進化させるって、皮肉だよね…