イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

Katy

Katyの感想・評価

4.0
タイトルからもっと娯楽要素の強い内容なのかと思ってたらまさかの実話。内容はとっても濃い。ベネディクトカンバーバッチとキーラナイトレイが好きだから余計高評価。偉業を残して孤独に死ぬか、歴史に名を残さない平凡な人生か、選べるなら私は後者を選ぶ。でもアランは前者しかなれなかったんだろうなぁ。
孤独な天才数学者に感動した。
歴史的偉人は死んでからも影響を与える。

このレビューはネタバレを含みます

第二次世界大戦の最中、大国ドイツ軍の最大の秘密、暗号エニグマ。その暗号を解読し、イギリスを救うべく天才数学者アラン・チューリングをはじめとするチームが結束されます。
天才であるが故に、他人の気持ちを読み取ることが不得手でやや傲慢なアランが、徐々にチームと和解し、エニグマの解読に近づいていきます。

主人公が周りに理解されない孤独さが辛かったですが、チームに受け入れられていくのは安心しました。アランが学生時代、唯一の理解者であり最愛の人、クリストファーは結核のために若くして亡くなっていました。アランはエニグマ解読機を作成することに成功し、クリストファーと名付けます。エニグマ解読を可能にしたアランは、イギリスに軍配を挙げる大役を果たしました。しかし最後は、彼が同性愛者であるために去勢のためホルモン注射をされ、副作用に苦しみ、孤独の中ついには自殺してしまいます。
これが実話を元にした伝記であることを思うと苦しくなるところもありますが、今のパソコンや電子機器の礎となったと思うと、見てよかったです。
haktou

haktouの感想・評価

4.5
戦時中、こんな風に名前も功績も知られることなくひっそり貢献した人まだまだいそう。アランの最後、かなしい。
実話と聞いてびっくりした

あっぱれ
ShunItoh

ShunItohの感想・評価

4.5
アラン・チューリングの実話に基づく映画である。
タイトルは失礼ながらすごくつまらなそうなタイトルだが、見てみるとその内容に心が動くだろう。
おそらく自閉症スペクトラムであり、天才の数学者であり、同性愛者であり、戦争の英雄という実に複雑な人物であるにも関わらず非常にわかりやすい。
第二次世界大戦のお話なので大戦について多少知っておくとチューリングの偉大さがわかると思う。
su

suの感想・評価

3.7
エニグマ解読、同性愛がポイントの映画でした。
実話というのがすごい!
>|