イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

いやー、好きな人にとっては本当に好きな映画ですね!
「隠された史実」でこんなに面白い話ってあんまりないのかも。

第二次世界大戦中にナチス軍が作った暗号「エニグマ」の解読に天才数学者が挑む話。理系の人は好きですね多分。
Lilyflower

Lilyflowerの感想・評価

4.7
第二次世界大戦終結が早まった偉業をこの映画で感じられて感慨深い

このレビューはネタバレを含みます

大戦下の英国の映画だけあって特別洒落たシーンはないんだけども、人の行き交いや瓦礫、軍関係の小物やらなにやらまとめて良い味わいになっている絵が多くて観ていてかなりワクワクした。暗く落ち着いた画面になりそうなところを、目を惹く登場人物やよく仕立てられた衣装が差し色になってくれている、美術班、有能〜〜〜〜〜〜

カンバーバッチがマジで最高、アラン・チューリングの愛らしさ、悲哀、仕草や話し方に至るまで感心するほど"その人"だった。同性愛者として化学的去勢を受けたのち、"興味を持ったことすらない"元婚約者の前で泣き崩れる彼の演技だけで作品評価がドカドカ上がる。俺も早口で「偶然さ、壊れた時計も日に2度、正しい時を示す」って言いたい……

学者を題材に扱った映画の中でとりわけ数学領域のものが目立つ(気がする)のは、研究題材のみならずコミュニケーションを切り口にしやすいのかな、とか考えた。『ビューティフル・マインド』辺りもだけど好みのテーマ。
ICHIHA

ICHIHAの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ良い映画だった。難点を一つだけ挙げるなら、チームで男同士の友情が芽生えるまでの描写が足りなかったか。みんなでアランをかばうシーン、ちょっと唐突な感じは否めなかった。
みーん

みーんの感想・評価

3.5
戦時中の暗号解読の話
大学の講義でイギリスの人物について各自調べる発表課題があったので、調べる目的も兼ねて鑑賞!

こんな偉業を人知れず成し遂げ、自ら死を選んだアラン・チューリングは最後どんな気持ちだったんだろう…

歴史上の天才と言われる人達には同性愛者が多い?のかな?
odazita

odazitaの感想・評価

4.4
天才、戦争、同性愛、いろんなテーマの描写から、単純なエニグマ解読の瞬間の爽快感まで、各所に鳥肌要素。
ノンフィクションでここまで面白いのは久々でした。
ボヘミアンラプソディを思い出したよ。
彼は普通の男なのか、戦争の英雄なのか、はたまた犯罪者なのか
悩まされるけど話としては完璧な構成の作品
ハッピーエンドじゃなくてビターエンドって感じなのがとてもよかった
k

kの感想・評価

4.5

序盤、中盤、終盤、隙がない。
戦争、同性愛、天才、仕事、その他多くの要素を見事にひとつの物語として完成させてる。そのぶん、やや表面的な描き方な気もするが。

これが事実に基づいた話しというから驚きである。
>|