イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.9

あらすじ

第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>。 世界の運命は、解読不可能と言われた暗号解読に挑んだ、一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。 英国政府が50年間隠し続けた、一人の天才の真実の物語。時代に翻弄された男の秘密と数奇な人生とは――?!

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

いやー、好きな人にとっては本当に好きな映画ですね!
「隠された史実」でこんなに面白い話ってあんまりないのかも。

第二次世界大戦中にナチス軍が作った暗号「エニグマ」の解読に天才数学者が挑む話。理系の人は好きですね多分。
hachan

hachanの感想・評価

-
途中まで、すっごい好きな展開で。途中から、すっごい遣る瀬無い憤りしか感じなくなった
戦争は絶対やだ
tori

toriの感想・評価

4.0
「ヒトラーの暗号を破った数学者」のようなお約束の邦題があったわけでもなく
主人公目線より暗号解読チーム物語として記憶
チューリングが実在したことも観終わって知った

チューリングが登場する本がきっかけで再見

「デカルトが見た幾何学の風景 (省略) 
数学者の前には常に風景が広がっているのであって彼らはそれに目を凝らしそれをより精緻なのものにせんと
まるで風景に誘われるようにして数学をするのだ
数学者とはこの風景の虜になってしまった人のことを言う」

いじめ、ゲイ、軍との確執、風変わりな性格、アスリートだったことなどチューリングの人間性を知ってから観ると面白さは別格
自分にとっても新しい映画の風景だった

違う形で数学に出会いたかったなぁという後悔の念と数学者に対する親近感を持った
Ducal

Ducalの感想・評価

4.1
アランは暴力を忌み、戦争の早期終結に向けて尽力するが、その存在や功績は隠蔽されてしまう。
政治的イデオロギーとは無縁で、愛する人のためだけに貫こうとしたマシンの作成。
戦時下のナショナリズムはそんな男ですら飲み込んでしまう。
時代に翻弄されたアランが隠者となり、クロスワードを諦めるシーンが哀しい。
のぴお

のぴおの感想・評価

3.0
パンチは弱い。
87

87の感想・評価

4.6
こんな事実があったことを知らなかった。。
勉強不足でした。
今、知れてよかった。
この映画を作ってくれた方に感謝。
誰も予想しなかった人物が、誰も想像しなかった偉業を成し遂げる。
fampia

fampiaの感想・評価

3.9

エンタメ色が強い作品だと思って軽い気持ちで鑑賞したら、メッセージ性のあるマイノリティーのための映画でした。

カンバーバッチの演技が、さすがだった。少し傾いて歩くところとか、上手くコミュニケーションが取れない独特の間合いみたいなものとか、急に感情が溢れ出しちゃうところとか。

脚色賞を受賞したグラハムさんが、スピーチで“Stay weird, stay different”と言っていて、この作品に込められたものを感じた。
>|