イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.9

あらすじ

第二次世界大戦時、ドイツ軍が誇った世界最強の暗号<エニグマ>。 世界の運命は、解読不可能と言われた暗号解読に挑んだ、一人の天才数学者アラン・チューリングに託された。 英国政府が50年間隠し続けた、一人の天才の真実の物語。時代に翻弄された男の秘密と数奇な人生とは――?!

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

いやー、好きな人にとっては本当に好きな映画ですね!
「隠された史実」でこんなに面白い話ってあんまりないのかも。

第二次世界大戦中にナチス軍が作った暗号「エニグマ」の解読に天才数学者が挑む話。理系の人は好きですね多分。
Ayc

Aycの感想・評価

3.5
はらはらスリリングは、さすがのカンバーバッチ。
一風変人の天才数学者と彼を取り巻く仲間、恋人、MI-6。戦争という狂気の中で渦巻く悲劇。こんな実話ちょっとないな。
アスペルガー症候群がいい方向に働いた結果が教授であるって精神科の教授が言ってた。
天才っておそらくなんらかの精神疾患持ちなんだろうな
しお

しおの感想・評価

4.0
エニグマを解読していくというストーリーは勿論、アランという人物像にフォーカスを当てていたことでより展開に深みが増して面白かった。

同性愛が罪だった時代があったことに驚いた。
YuikoSato

YuikoSatoの感想・評価

3.7
戦争の暗号を読み解く
SUI

SUIの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

うん…、まぁ、面白いよ。面白いけれども…。

それまで割と深刻に見えたアランとヒューとの確執はあっさりと解消されるけど、和解に至るまでが随分とあっさりしている。

同様に、ジョーンがアランに好意を抱くまでの経緯は丸ごとはしょられているので、「好き」となっても、なんで? と首を傾げざるを得ない。
しかも、クロスワードを解く能力ではアランをも凌駕するとされている彼女の特性を活かしている描写は無く、こじれた仲間との関係修復以外で彼女が活躍する場は与えられていない。
なんとも雑なジョーンの扱い。

そして致命的なのが、バーでヘレンが言った何気ないジョークからヒントを得て「ドイツ軍は愛で戦争に負けたぞ」と手掛かりを掴んでからのくだり。
暗号解読までに至るアランたちの怒涛の発想とそこから展開される思考はよどみないのに、その過程が実にわかりづらい。
脚本の問題なのか、翻訳のミスなのか、俺の頭が悪いのか…。
物語のキーともいえるここがスッキリしないのはキツイ。残念ながら、まったくカタルシスを感じることができない。

さらにアランがゲイであることにヒューたちみんなが気づくけど、彼の性的指向が臭わされているのは少年期パートのシークエンスであって、暗号解読パート上(ヒューやジョーンたちとの日常)でそんな描写は見受けられない。

戦後のアランの晩年まで描くのもいいけど、それよりももっと時間を割くべきところがあるだろうにと思う。
テーマもキャラクターも物語も全て申し分ないのに、肝心なところが描けていない。非常にもったいない。
エニグマ解読、ゲイ、アスペルガー、スパイ…、少年期、壮年期、晩年期…。
詰め込みすぎの典型で、映画として何を描くのか、その軸が定まってない。

イギリス国内において、同性愛で罰せされた総数とかをラストのクレジットで流しちゃうのがその証拠。
それ、主題じゃないから。
>|