イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

外は雨

外は雨の感想・評価

3.9
第二次世界大戦のドイツの暗号機エニグマを解読した数学者アラン・チューリングの物語。コンピュータやAIの基礎を作ったとも言える。

少年時期の親友クリストファーの死。同性愛者でありながらも「普通」とは違う形で結ばれ、秘密によって別れた二人。

映画では解読機にクリストファーという名前がつけられている。これは映画的でロマンティックだけど、実際はBombe。

それにしても、勝利に徹した統計による選別、戦後の同性愛者を犯罪者とし、治療と称した強制ホルモン治療。。。そして自殺。うん、イギリスって冷徹なんですよ。
カンバーバッチさんのこーゆー役ほんまに好き
トモン

トモンの感想・評価

4.0
おもしろい!
Kirisshy88

Kirisshy88の感想・評価

3.7
【感想】
『ボビー・フィッシャーを探して』や『ソーシャル・ネットワーク』のような実在の個人を描いた伝記型ノンフィクションである。上記二作と異なる点は、単に主人公アラン・チューリングの個人的ドラマにとどまらず、大二次世界大戦という20世紀の「大きな物語」の中での天才科学者の苦闘が描かれている点である。ナチスやソヴィエトに対するイギリスの当時の諜報機関の動き、イギリス内での派閥などが交えられており、ナチスの暗号解読のタイムリミットもスリリングでドラマとして惹きこまれた。
芸術映画とは言い難いが、チューリングのコミュ障と幼少期のイジメ、同性愛や婚約の苦闘など個人的「小さな物語」と先の大戦という「大きな物語」がバランスよく描かれている佳作である。
飛行機で初映画。しかも初缶バッチ
まつ

まつの感想・評価

3.8
記録用
fumiponpon

fumiponponの感想・評価

4.2
カンバーバッチの演技含め、歴史を作ったアランの実話が感動した
天才って辛いんだね
Fuckmylife

Fuckmylifeの感想・評価

5.0
シャーロックシリーズで演技に惚れ惚れした俳優であるベネディクト・カンバーバッチが演じる天才アラン・チューリングの苦悩・葛藤
アラン・チューリングその人のことをもっと良く理解してからもう一度見たいと思う
>|