イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

ゆ

ゆの感想・評価

4.6
授業で紹介されて見ましたが天才の孤独がひしひしと伝わってきて痛かったです
研究者の家族を見捨てなければいけないシーンは特に辛かった
バー?でのかけあいは見てて楽しかったし海外のセクシーさを感じた…
Uzurakoh

Uzurakohの感想・評価

3.4
孤独は、人生の、最高の、お友達。
リンゴ

リンゴの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

暗号解読のカギのびっくりが全然なかったのは置いといて
スパイの話やら戦争と暗号解読で戦う話などはおもしろかった
実話元にしてたし、リアリティもあり良かった
ラスト悲しかったな。
想像よりずっと面白かったなあ。
コンピュータの由来が「チューリングマシン」なのか。凄い。
解読しても行動に移せない辛さが伝わってきた
sakura

sakuraの感想・評価

4.3
心に刺さる箇所たくさんあったけどエンドロールで決壊して泣いてしまった。人の心の奥に触れた気がして、同時に自分のほうにも触れられた気がした。観終わって身体がふわふわする感覚が久しぶり。しばらくぼーっとしてしまった。この感覚を大事に取っておきたい。まだ上手くまとめられないなぁ。
青い虫

青い虫の感想・評価

4.9
鑑賞メモ

めちゃめちゃ面白かった…
話の内容もたくさんの要素が散りばめられており奥行きのある話であったが、ベネディクト・カンバーバッチの演技が本当にハマっているので、ある種の共感だとか情を呼び起こさせて観客を引き込んでいた
天才で、人と上手に付き合えなくて、周りの人間は自分を理解できないと思ってる孤高の人で…という要素がSherlockと被るので似たような演技になってしまうのでは…?と少し懸念していたがもう全然そんなことなくて、上映されている間はきちんとアラン・チューリングというひとりの天才数学者だった
ベネの演技の魅力とアランの元々の魅力が合わさって重厚感のある作品になっている むしろベネでなければここまで趣のある作品になっていなかったのではと感じられるくらい

ラストシーンの切なすぎるやりきれなさと、焚き火をするシーンのキラキラ輝くような、達成感や仲間たちとの思い出を飾る美しさのコントラストがより心を潰しにかかってくる
終わり方が劇的なのでより一層伝記ものっていう感覚が薄れる…フィクションであればどれだけ救われたか
アランのやりきれなさは観客の我々の想像を絶していたのだろうな…
全編を通して彼の原動力が少年期から抜け出せない愛であるところが、より寂しさや悲しみが深くなる
まゆ

まゆの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

私が使っている当たり前に使っているコンピューターが、アランの天才的頭脳から作り上げられたものだとは…。

天才が故に孤独で、同性愛者であるが故に孤独で、秘密が多い仕事故に孤独で、きっと寂しかったろうなぁと思うと悲しくて涙が出た。

ジョーンのような人として愛し合っている関係はとても魅力的だった。
dou

douの感想・評価

5.0
とにかく面白かった。天才数学者として、暗号を解読していく主人公がかっこいい。しかし、天才的な頭脳の反面、難しい性格の持ち主で様々な葛藤を一人で抱え込み、苦しんでしまう。感情が爆発して、涙を流すシーンは本当に感動する。
また最後の、火炎の中で秘密文書を燃やし、衝撃の事実が判明するシーンがあまりにも綺麗だった。最後の音楽の入り方も最高。
>|