イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

uraa

uraaの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

よき。2回目視聴。
2回目だったが断片的にしか覚えておらず、展開がわくわくするものであった。現実にこんなことがあったなんて、驚きだ。

命の選別を数学者の彼がしなければいけない、それは彼の本来の仕事ではない。彼は神ではないのだから。しかし、それが後に2年戦争を縮め、1400万人もの命を救ったのいうのは事実である。また、このチューリングマシーンが結果コンピュータの原型となったことが、映画の最後にくる、それがなんとも素晴らしかった。

ゲイであるマイノリティであるが故の孤独感まで、盛りだくさんであり、どこに目を向ければいいのか途中あちらこちらに頭がいき、映画の方向性に不安を感じたが、結果、彼の生き方が過去に結核で亡くなったクリストファー中心に回ってきたように感じた。クロスゲーム、暗号、クリストファーとよばれる機械...全てに彼が関わっている。そのために、ゲイであること、過去を振り返ることでうまく映画にしたと感じた。

また彼が自殺であったかも怪しいところが、隠蔽論まであるとは、偉大なひとではあったが、その世界に巻き込まれてしまった人でもあったのかなと感じた。

コミュニケーション能力も低く、生きづらい性格やマイノリティであったことから社会不適合者とも言える彼が、普通の感覚ではなかったからこそ功績をおさめたこと、そして、1人の男性との出会いが彼の人生を変えたこと、ある意味常にクリストファはそばにいるようで、純愛ともとれるような映画であった。
あろえ

あろえの感想・評価

3.2
もう少しエニグマの仕組みとか解説して欲しかった
彼を戦争の英雄と呼ぶのは違う気がする。ただの数学者に過ぎなかったチューリングはその才能で多くの人を救った反面、同時に苦しい選択を強いられることになったのは不幸なのか幸いなのか…。

エニグマ解読に携わるメンバーとのにぎやかなやり取りと、チューリングの最期の対比が悲しい。「時代が違ったら、もっと違う人生があったんじゃないか」と思わずにはいられない。

マシューグードの顔がいい…。
nao

naoの感想・評価

3.5
記録
Anne

Anneの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

昔のイギリスは同性愛者にこんなに厳しかったことに驚いた
主人公のラストは、可哀想……
国のために頑張ったのだから幸せになって欲しかった

ドイツにあんな複雑な暗号があったのは知らなかった
y

yの感想・評価

4.1
映画によって歴史を知ることができた。イギリスの戦争には政治家以外の学者の活動が大きく影響をもたらしていたなんて、しかも勝戦の英雄にしてもらうどころか歴史から抹殺され、チャーチル一人の手柄のようにされたような。

主人公の最後が悲しい。
映画を見終わって感じたのは、恐るべきイギリスという感じ。

日本においてですら薩長の下級武士を使って江戸幕府を倒し明治政府を作り上げたイギリス、世界を舞台には数え切れないほどの計画・実行をしたことでしょう。
天才の苦悩がわかりやすく描かれている。チューリングってこんなに凄い人やったんやな。はえ^〜勉強になるぅ〜!
>|