イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価・動画配信

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

3.7
偉業をなす、ということに犠牲があるような気がしてしまうが、ただ、そこには1人の生き方があったと感じた。

史実をベースにしているが、英雄譚にもみえるし、戦争の悲惨さもみえるし、生きづらい人の生き方もみえる。多面的な映画。
heroshi

heroshiの感想・評価

3.6
純粋に面白い。
数学とは無縁の距離感だが、彼なら
自分と数学の距離感を方程式にしてくれそう。
あゆみ

あゆみの感想・評価

3.6
あまり予備知識なしで観たから、人間ドラマの部分は全く知らなくて、知らなかった分、とてもおもしろかった。

3つの時代を行ったり来たりする作りもきれいにまとまってたなぁ。

観たことない人には、LGBT関係の映画としてもオススメしたいかも。
あき

あきの感想・評価

3.6
悲しい話だったと簡単に言えない

国にその天才的な頭脳を使われて、最終的には意味のわからない法律のせいで不当な仕打ちを受けて自殺してしまったけど

途中で仲間を得たし、たくさんの人を救ったし
クリストファーも

普通じゃなくて良かったって言葉に全てこの映画の着地点を見た気がした


あと普通な夫婦よりよっぽど素敵っていうあのセリフ共感しかなかった
好きなことをお互いして、変なところを認め合って誰よりもわかり合ってるなら性的指向なんてどうだったいいんだ

あとMI6の彼の存在感
あの人は本当に戦争をゲームだと思ってそうって思わさられる迫力がある
みんな揶揄とか戦争への苛立ちとか愛国心とかからエニグマに取り組んでるのに彼だけは本当にゲームだと思ってそう
こわい
hmmrakk

hmmrakkの感想・評価

4.0
もっと多くの人がアラン・チューリングの名前を知るべき。
観終わったあと、もっと知りたくてエニグマとチューリングについて調べてしまう、そんな作品。
ツツジ

ツツジの感想・評価

3.7
シャーロックの人か〜という入り。
「ビューティフル・マインド」と比べると不幸。
薄幸?
コンピュータ・エンド。
ruhaketa

ruhaketaの感想・評価

4.0
コンピュータ科学の父とも言われるアラン・チューリングのもう一つの功績、それが暗号解読。エニグマ暗号を解いた事は知っていたが、それをどのように活かすかは知らなかったし、確かに難しい問題だなと気付かされた。

大天才であり偉業を成し遂げた人物ではあるけれど別な側面もあり、幼少期や晩年を見るにその人生は必ずしも幸福に満ちたものではなかったのかもしれない。

カンバーバッチはもちろんだが、MI6の高官を演じたマーク・ストロングが良かった。このが人いると場が引き締まる気がする。
mica

micaの感想・評価

4.0
意外にもこういう映画好きです。

頭が良い人は良い人なりに色々考えてしまって大変なんだろうなとも思う。

アホな感想しか書けないのも情けないのだがアホはアホなりに書くとする。うぬ。(アホの諦めなり)

こういうのみるとアホな私はお気楽な人生でよかったとも思えました(笑)

アホすぎて素敵なこと書けませんが、みてとても感動するのでみた方がよいということだけ記しておきます(笑)
shizukitty

shizukittyの感想・評価

4.0
実話。
観る前に事前情報として知っていた私の少ない知識の遥か上まで描く作品だった。

天才には天才にしか分からない苦労があるだろう。
でも、救える命があると分かっていながら救うことが出来ないことの苦しみとか、悲しみは多くの人が同じように感じることだと思った。

ラストは…なんだか切ないという言葉が正しいのか…表現が難しい。
2020年 映画鑑賞26本目
>|