イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価・動画配信

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

3.9

あらすじ

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

Yoshi

Yoshiの感想・評価

4.1
歴史的に偉業を成し遂げた人というのは、変わった人が多いと聞いたことがあるけど、それはそれでいいと思う。
やはり謎解きモノは少年心をくすぐる
天才と言われた数学者だったが、最期があまりにも呆気なすぎて虚しくなった
Minted

Mintedの感想・評価

3.8
アラン・チューリングという実在した人物のお話。わたしはこの映画を観なければアラン・チューリングという人物を知ることはなかったかもしれない。

最初は嫌なやつだと思った人が仲間になったりする流れは王道かもしれないけどどの作品で観てもやっぱりワクワクする。切なくてつらい場面もいくつかあったけど、後半にかけて物語がどんどんおもしろくなっていった。

キーラ・ナイトレイが意思の強いかっこいい女性を演じていて素敵でした。

他にも良いセリフあったしたくさんの人が既に書いてるけど、1番刺さったセリフはこれでした。

〝あなたが普通じゃないから 世界はこんなにすばらしい〟
びんと

びんとの感想・評価

4.3
展開が良くも悪くもサクサク進むので、目が離せなかった。
戦争には色んな思惑が交差していること、加えて性についても触れられていて、どちらにも複雑さを感じた。
話の流れとしては、アランの背景が徐々にわかってくる見せ方によってより引き込まれた。
ひとつの物語としてみれてよかったと思えるとともに、どんなことがあったのかを知れて興味を持つきっかけとなり、調べてみたいという気持ちになれた。
haruiro

haruiroの感想・評価

4.0
第二次世界大戦時、ドイツ軍の世界最強の暗号エニグマを解読することになった数学者の話。


暗号解読していくまでの過程は勿論わくわくしたけれど、何より主人公の、自分が「普通」ではないという孤独や心の闇が本当に観ててツラかった。


この映画の中で一際強くて眩しい女性、キーラ・ナイトレイが良い味出してた~。
最後まで救いだったな。彼女は。


暗号解読→解けるかな→解けたよわーい\(^-^)/…じゃ終わらずにこれはもっともっと深い話で…主人公達の苦悩が描かれているところが良かった。


「普通」でないと生きづらいのは今もそうだけど、この時代はもっと大変だったのね…。
ova

ovaの感想・評価

4.0
天才数学者アラン・チューリングの功績を
実話を基に作られた作品だそう。

(どれだけ実話なのか?は
ひとまず置いておいて…(笑))

戦時中の相手国の暗号無線を
傍受、解読し自国を戦争から勝たせるよう
上官に命じられる暗号解読チームの話。

天才が故に不器用なアランが
チームに馴染めない。
それを分かって
仲介に入ってくれる仲間ができ、
だんだんチームがひとつにまとまって
目標達成に向かう。

ただ、そこで目標達成に至っても
新たな問題・仲間の裏切り・自分の持つ悩みなど様々な葛藤の中進んでいく展開は
考えさせられる事が多く
非常にためになる映画でした。
MaoHirose

MaoHiroseの感想・評価

3.9
これが事実に基づいてるのか…って思うと、みたあとしばらく思い返して色々考えてしまう。
同性愛者であることが罪とされるなんて。
周りと違うことがまったく受け入れられない時代、みんなの言う「普通」でいなければ存在すら認めてもらえないなんて…
それでも思いを強く、道を貫ける人が成功者になるんだね。いろんな事情から表立って功績を認められるのには時間がかかることもこういう事実に基づいた話を見るとたくさんあるんだなって。
秘密を抱えたまま生きつづけるのって、しんどいだろうな。

あなたらしさを〜なんて個性を求められて、自分らしさに悩んだりすることもあるけどそれだけ個性が重んじられるようになってるってことで、そんな今の時代のことをどう見るんだろう。

「あなたが普通じゃないから世界はこんなに素晴らしい」
すっごくいい言葉。
題:イギリスを戦勝国にした影の功労者
製作:2014年、アメリカ
原題: The Imitation Game
監督:モルテン・ティルドゥム
原作:アンドリュー・ホッジス『Alan Turing: The Enigma』
主演:ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイ、マシュー・グード、マーク・ストロング、ロリー・キニア

本作は歴史作品としても、娯楽としても人間ドラマとしても、非常に素晴らしい映画だと思う。
3つにまとめてレビューします。

1.イミテーション・ゲーム
アランは人工知能(AI)が“人間的”かどうか判断するテストを考案した。
それが“チャーチ・チューリングテスト”、つまり“イミテーション・ゲーム”だ。
※『ブレードランナー』でデッカードがレプリカント相手にやる尋問はこのテストが元ネタだと思われる。

アランを尋問した刑事は彼をどうジャッジするか?
男か男以外の存在か?人間…ケダモノ?それとも機械?

2.ベネディクト・カンバーバッチ
チューリングを演じたカンバーバッチが素晴らしい。
彼は頭がデカい。脳ミソがいっぱい詰まっていそうなので天才役が合う。
そしてハンサムだ。妖しさを帯びた色気が漂うが、それはチューリングの性的嗜好も匂わせる。
絶妙なキャスティングだと思った。
※ちなみにチューリング本人は顔が四角く、カンバーバッチのような美男子ではない。

3.映画的な演出
実話を基にしているが、映画にするために脚色が加えてあり、それは本作に非常に効果的であったと思う。
・フックとなる台詞
「時として誰も想像しないような人物が、想像できない偉業を成し遂げる」
本作の掴みとなる台詞でグッとくる。
・エニグマ解読に至るまでのプロセス
実際の解読は非常に地味な作業の積み重ねで、アラン以外にも2千人が解読に従事していたが、人数を絞ってドラマチックに描いている。
・ラストの台詞
ラストの“今、私たちはそれを○○○○○○○と呼んでいる”ってのはとても良かった。
澁

澁の感想・評価

-
めちゃおもろかった〜
moe

moeの感想・評価

5.0
悲しくなっちゃう作品
一人の天才の人生が描かれてる
歴史的にもすごいことを成し遂げた人の映画
ただすごい天才ってだけじゃなくて
本人が抱えてた苦悩、セクシュアリティ、孤独。
とにかくベネディクト・カンバーバッチの演技が凄いからなんだ、と思わされる映画。脚本が面白い。
>|

あなたにおすすめの記事