イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密の作品情報・感想・評価・動画配信

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密2014年製作の映画)

The Imitation Game

上映日:2015年03月13日

製作国:

上映時間:115分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」に投稿された感想・評価

純粋に物語としても楽しめた。
ラストシーンが印象的であった。
かつて誰も解読したことの無い暗号エニグマを解読する物語。
伝記であり、何か一つの感情で締めくくるには複雑だが、誰にも理解されな道を貫き、コミュニケーション力ではなく実力で理解させていく様(恋人も含めて)は只者でないことを感じさせた。
職場の家族を見殺しにした時には、情報というものの恐ろしさを知ったと同時に、解読したにもかかわらずより多くの人を救うには、一部の人を犠牲にせざるを得ない苦しさは尋常ではないと感じさせた
アオイ

アオイの感想・評価

4.2
大学の講義に出てきて鑑賞
アラン・チューリングがこんなにも孤独な人だったとは……
彼の恩恵を心に留めつつコンピュータネットワーク演習の授業を頑張ります
いつ

いつの感想・評価

5.0
すごく好き。
クライマーズ・ハイに似てるかな
演者達の熱、喜び、悲しみが
すごく伝わってくる作品

問題に対して仲間と夢中になりたい人へお勧め
面白かった
Fumi

Fumiの感想・評価

3.5
手が震えるところみて、うってなる
KAZU

KAZUの感想・評価

3.7
暗号解読の伝記映画とか敷居が高いかなと思い、中々手が出なかった今作品。観てみたらなんら小難しくない、いたって入りやすい、良作でした!

映画は第二次世界大戦中にエニグマ暗号の解読に取り組み戦果を挙げるも、のちに同性間性行為による訴追を受けるイギリスの数学・暗号解読者をカンバーバッチが熱演します。気難しい役柄も気品があり作品の格を上げる存在感は流石ですね!演技もうま過ぎます。暗号解読の瞬間は「その時歴史は動いた」のようだし、何気にバディムービー的な友情が散りばまれていて飽きさせない。LGBTが罰せられる時代に生まれたが故に不幸な結末に向かうのは残念😭

あれだけの功績があるんだから、恩赦とか無かったのかなぁ。ってやきもき。
モヤ感あるけど、楽しめました!
M

Mの感想・評価

2.8
記録用
Danilo

Daniloの感想・評価

4.3
とにかく凄かった
ストーリーとしてもできてるし

映画最後にもあったけどマジで前例のない偉業なんだろうな

50年以上政府の機密扱いだったのも凄いし、、

天才でコミュ症で機械的な人かと思いきや最後は人間味あるし

これが実話に基づいてるんだね
こんなの知らんかった

軍の人間でもないのにここは見捨ててここは助けてって選択して

本当辛い仕事だったんだろうな

そんな辛いことしとるのに
秘密情報だから誰にも話せんのもまたつらいし、、


戦争とか歴史って知らん側面みたいなのまだまだたくさんあるんだろうな


最後のほうの
ーーーーーーーーーーーーーー
あなたが普通じゃないから
世界はこんなにもすばらしい

時として誰も
想像しないような人物が

想像できない偉業を
成し遂げる       とか、

彼の成果がチューリングマシンの研究へとつながった。

今 我々はそれをコンピュータと呼ぶって字幕出たときしびれた

今の自分にまでも少なからず影響与えてるんだなぁ

ーーーーーーーーーーーーーー
鳥肌たった。

観終わってから戻って字幕をメモした笑
来夢

来夢の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

どうにも俺はこの手の伝記映画があまり上手に観られないんじゃないかって気がしてきている今日この頃。チューリングはSF好きなら誰もが知る偉大な人だと思うけれど、こうやってドラマにされるとなんか嘘っぽくかんじちゃうんだよね。俺がひねくれてるだけだと思うし、映画として楽しめてないわけではないんだけれど、なんかドラマチックすぎて嘘でしょとツッコミを入れたくなってしまう。
これ解読できたらどうするつもりなんだろ? 使ったら解読したのすぐバレるよな? って思いながら観てたら、まさかの無策とか、絶対みんなわかってたよね。天才が揃ってなにやってんの。ってなっちゃうじゃん。チューリングをカッコ良く見せるために他の小天才たちを低く描きすぎでは。チューリングと他の人との信頼関係も、チューリングに都合よく変わっていくし、実際はチューリングの変人っぷりから考えたらそんなに簡単なものじゃなかったと思うんだよね。全体的にチューリング以外のキャラがすべてチューリングの引き立て役になってしまっていて、作り手がチューリングしか愛してない感じがしてしまったな。
っても、俺も当時のチューリングのことを全くもって知らないので、これが本当に事実の可能性もあるから、もしそうだったらごめんなさいとしか言えないけれどね。
>|