サン

バンクーバーの朝日のサンのレビュー・感想・評価

バンクーバーの朝日(2014年製作の映画)
2.0
少し期待しすぎていたかな。
予告で十分な内容がわかる。
驚きも、感動も、予告である所くらいで深くは入り込めなかった。
出演している人はとても豪華。でも、内容が深くない。

頑張っても、どうしようもなくなることが多い。
くじけちゃダメ。
泣いてもダメ。
でも、自分の中に支えとなるものが1つでもあれば、いつかは、乗り越えられるのかもしれない。