いのしし

ビッグ・アイズのいのししのレビュー・感想・評価

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)
4.2
エイミーちゃんとクリストフの演技に感動!

ティムバートン監督の映画だからか、やっぱり映像が印象的。色が鮮やかで、マーガレットの心情を表す背景や演出、そして当時の様子や女性の立場、そして「ビッグアイズ」に対する世間の反応がこの映画にいっぱい散りばめられていておもしろかった。自分では気付けていない部分もあったけど、映像特典でなるほどと思う話をたくさん聞けて、さらにこの映画が好きになった。
映像特典の中であるスタッフが
「これは大嘘つきの茶番劇を描いた映画さ」
と言っていたように、この映画はあえて演技っぽさを出してる感じがあって、またそれがティムバートンっぽくて、とってもいい。心に闇を抱えた、壊れてしまった男をものすごくよく描いてると思う。現実にこういう人いっぱいいるだろうな(°_°)

エイミーちゃんの、時間が経つにつれて変わってくる演技に感動。やっぱり美人(o^^o)ツンとした鼻がたまらない!
そして、なにより、クリストフ。嘘をついて有名になりたかった男をものすごくよく演じてた。カリスマ性があるけど、ボロが出てしまってるところや、表情、頭がおかしくなっていくところ。最後の裁判は、大げさな、と思うかもしれないけど実際はもっとすごかったらしい(°_°)

映像特典を見て、もう一度見てみようと思うこの映画。ティムバートンとエイミーファンはぜひ(^o^)