しゅんすけ

砂上の法廷のしゅんすけのネタバレレビュー・内容・結末

砂上の法廷(2015年製作の映画)
3.4

このレビューはネタバレを含みます

だれが嘘をついているのか。実際の法廷で繰り広げられる法廷ミステリー、臨場感がある。
謀殺の被告とされる未成年の男の子が口を開かない理由は、父親にレイプされていたから、、ではない。つまり父親を殺したのはレイプを受けていた母親、、ではない。全てが嘘で作られたストーリー。本当の黒幕はこの未成年の弁護士をする主人公だった。
ミスリードにまんまとハマって最後の衝撃の事実に驚いた。斬新な展開、アガサクリスティー??