花宵道中の作品情報・感想・評価・動画配信

「花宵道中」に投稿された感想・評価

康子

康子の感想・評価

5.0
まず、安達祐実が美しい。そして小道具やセットがしっかりしていて、流血シーンもリアル。映画の最後のセリフが、八津の「姐さんは花咲かせたんだよ」的なセリフではなく、安達祐実の「ありがとう」なところも、とても良かった。吉原を扱った映画では一番好き
演技力すごいな、、、、、感嘆。
映像はいい意味で昭和っぽい
あんな

あんなの感想・評価

2.6
安達祐実の演技力に拍手

でもせっかくの演技力が
作品のb級感で台無し。

特に終盤


安達祐実なんでこれ出演okしたんだ
安達祐実かわいい
OnOrOff

OnOrOffの感想・評価

2.5
永遠の家なき子
ものすごい童顔だ

このレビューはネタバレを含みます

原作(はあまり覚えてないけどコミカライズがよかった記憶)世界観崩壊が怖くて避けていたけど、放送していたので録画。
朝霧編に茜編要素と八津編エピソードを足して吉田屋-半次郎-霧里関係等を改変(改悪?)してまとめられていたような。

朝霧役の安達祐実が童顔でいけないもの見てる感がすごかったけど、たしか原作も子どもっぽい容姿設定だったと思うので適切なキャストなのかなぁ。
コミカライズよりだいぶ美人。お祭りで八津とはぐれて空を見上げるシーンも絵になっていた。

吉田屋のお座敷で朝霧が犯されるシーン(音量要注意)は、着衣で適度にエッチくお茶濁すのかと思いきや再現度高めでびっくりした。まあ重要なシーンなのでやるか。
男女のエロシーンは苦手なのでセリフなしならいつも4倍速早回しにするところだけど、安達祐実の頑張りをつい見てしまったよ。
ただ演出で、朝霧に「花が咲く」のは比喩的にとどめておいてよかったんじゃないかな、、リアルすぎて新耳袋の怪奇現象かと思った。
白粉まみれの吉田屋が気持ち悪すぎて…原作以上の頑張り!?一方半次郎役はここで鬼気迫る感じをもうちょい出してほしかった。

とにかく八津役が演技苦手っぽく見えてしんどい。
馴染みの客が浮気して店の前を通るシーンもただ大声を出しているだけという感じで裏切られた悲壮感がいまいち伝わってこず、別の意味で見ていて痛々しかった。
あと、個人的な趣味の問題だけど、半次郎役もイメージとだいぶ違って(コミカライズ半次郎が美人すぎ?)微妙だった。
半次郎関係が改変されて不要になったとはいえ、原作の重要設定が消えているのはやっぱり違和感。影も感じなかったし。

個人的な趣味では緑編が観たい~んだけどやっぱりコミカライズのきれいなタッチと絶妙なテンポで夢見すぎて実写は微妙&八津役とか演技の苦手そうな役者が続投したら嫌なのでやっぱりいいわって感じ。

(~11.18 倍速録画消化)
サトミ

サトミの感想・評価

3.5
ただただ、綺麗。
山椒

山椒の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

花魁映画には
ありがちなエンドだったけど
全体的には見やすかった
原作は小説なんですね

安達祐実が乳首まで
出すの知らなくてそこに驚き!
ただここまで体はってるけど
顔があまりにも童顔すぎて
花魁の妖艶さが薄く感じてしまう…

一番役にどんハマりしてるのは
ダントツで友近だったな

この時代の殺しって
一人殺したらすぐ死刑なのかな
なんかすぐ首はねるイメージある

最後の水死体も
あっさり描かれてて
流れるようなエンディングだった
安達祐実さんすっごく綺麗でした!ストーリーは王道って感じです。王道ってやっぱりいい。原作があるらしく、すこし省略感があるのはその為かな?原作も読んでみようかなと思いました。安達祐実さんの体当たり演技と、あと…友近さんの例の台詞すごく良かったです笑
ヤツちゃんいい子だったなあ
>|