あ

それでも恋するバルセロナのあのレビュー・感想・評価

それでも恋するバルセロナ(2008年製作の映画)
3.8
バルセロナでの一夏の恋

人物のキャラ設定がしっかりしてて、そのキャラクターが勝手に動き回って物語が進む感じが良かった

90分尺で無駄のない目まぐるしい恋愛ドタバタ劇はお見事。

情熱的に燃え上がり、後々我に帰るのは人間の性だなと思った

理性と感性について人間の脆さを嘘なく描いている映画