仁義なき戦い 代理戦争の作品情報・感想・評価

仁義なき戦い 代理戦争1973年製作の映画)

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

4.0

「仁義なき戦い 代理戦争」に投稿された感想・評価

NO4

NO4の感想・評価

4.0
暴力だけに頼るのではなく、策略、裏切り、知力を駆使して生き残りをかけていくヤクザたちの戦いが、とにかくよくできているな~と。
ズル賢くしたたかなヤツほど、うまく立ち回っていくのは、実生活においてもそうだからな。と、しんみりしてしまうことも。
hepcat

hepcatの感想・評価

-
3作目めちゃくちゃ面白い
こうやってヤクザ社会はミリ単位の命の戦いをしているんだ

耳がとれたり、手首からとれたり

遂に文太さんが動き始めたね
完結編が物凄くワクワクして見れる

梅宮辰夫かっこいいわやっぱり
ゆーく

ゆーくの感想・評価

3.0
だれてきた
1作目とは異なり、複数の組ごとの抗争を描く集団心理劇として濃密な100分だった。金子信雄の泣き演技は相変わらずわざとらしい(笑)。また、今作のMVPとも言える渡瀬恒彦の被弾し悶える姿は迫真そのもの。「鉄砲玉の美学」も一見したい次第だ。
ぎぎぎ

ぎぎぎの感想・評価

3.0
折檻されててもどこか嬉しそうな渡瀬恒彦が元気な犬みたいで好感しかない。なのでラストはむせび泣いた。梅宮辰夫はいつの間に神戸のヤクザに?と思ったら1作目と同キャスト別人物らしー。てか渡瀬恒彦も1作目出てたよーな
hanadeka

hanadekaの感想・評価

5.0
まだぁ、弾ぁのこっちょりますけぇ
ミキ

ミキの感想・評価

4.0
テレビ
カルピス
アイスコーヒー
魔法瓶
トイレットペーパー

日本が成長するにつれ、ヤクザ社会も広島を留まらず、どんどん大きく広がって、暴力よりもドロドロした闇みたいなものが渦巻いていきますね。 

毎度毎度ラストが秀逸。
本シリーズで今のところ一番面白かった。もうまさに「仁義なき戦い」!
とにかく山守といい打本といい、ムカつく奴が多すぎる! 自分は弱虫なくせに部下にだけは威勢良くやらせる結果、サブタイ通り「代理戦争」になってしまう悲しさ。仁義もクソもない自己中心的なやつらばかり。
そんな中、広能は別にいいやつでもないんだけど、ちゃんと仁義を通してるあたり好感がもてるし、そんな広能がクソどもに振り回されるのに腹が立つ。ラストの葬式のシーンのやるせなさといったら…。
話としては肝心の抗争部分は次作にお預けなのがもったいない。
どうでもいいが、自分の手首切って落とし前つけたのにブチギレられるの不憫すぎる。
1作目を見返したくなった。最高にカッコいいわ、菅原文太。いや、広能。この人についていけば何とかなりそう感が半端ない。
>|