茶一郎

女神は二度微笑むの茶一郎のレビュー・感想・評価

女神は二度微笑む(2012年製作の映画)
3.2
『ゴーン・ハズバンド』


 サスペンスエンターテイメントという宣伝文がふさわしいサラっと楽しめるサスペンス。いわゆる『どんでん返し』もの。インド映画なのにダンスが無いのはちょっと寂しいよね。

 冒頭からカットが多いし、ジャンプカット過多、インド映画弱者の私にとっては『何だ!?何だ!?インド、どうなっちまったんだ!?』と焦りもつかの間、すぐさま醸し出される醸し出されるインド感に私もナンをカレーにつけホッと一安心(大嘘)。

 しっかり観客を飽きさせない作りで、常にストーリーが動いているが今作は『どんでん返し』があるということを知りながら見るとより楽しめるように思った。
カレーを作りすぎて、3日間晩御飯がカレーのあなた、カレーのお供にいかかですか。