聖杯たちの騎士の作品情報・感想・評価

聖杯たちの騎士2015年製作の映画)

Knight of Cups

上映日:2016年12月23日

製作国:

上映時間:118分

3.1

あらすじ

迷える脚本家が巡り会う、6人の美しい女たち。彼女たちが導く先にあるものとはーー? 舞台はハリウッドとラスベガスで繰り広げられる、煌びやかなセレブリティの世界。脚本家として成功への階段を駆け上がったリックは、業界の有力者の豪邸で開かれるパーティーに頻繁に招かれ、金と欲望にまみれた享楽的な日々に溺れていく。一方で、崩壊した家族の絆を取り戻そうと奔走し、富と引き換えに自分を見失っていく人生に漠然とし…

迷える脚本家が巡り会う、6人の美しい女たち。彼女たちが導く先にあるものとはーー? 舞台はハリウッドとラスベガスで繰り広げられる、煌びやかなセレブリティの世界。脚本家として成功への階段を駆け上がったリックは、業界の有力者の豪邸で開かれるパーティーに頻繁に招かれ、金と欲望にまみれた享楽的な日々に溺れていく。一方で、崩壊した家族の絆を取り戻そうと奔走し、富と引き換えに自分を見失っていく人生に漠然とした不安を抱いていた。やがて、“ここにはない何か”を探してさまよい始めたリックは、6人の美女たちと巡り会う。彼には、女たちは自分が知るよりも多くのことを知っているように思えた。彼女たちに導かれ、リックは自らが探し求めていたものへと近づいて行く——。

「聖杯たちの騎士」に投稿された感想・評価

kagikkt

kagikktの感想・評価

3.0
好きな俳優さんが出演しているということで
観賞したのですが
テレンス・マリックの作品を
初めてみた私には難解すぎました…

話が初めから最後までよくわからなかった。

途中で理解することはあきらめて映像美のみを
堪能することにしました。
もじか

もじかの感想・評価

3.1
原題"Knight of Cups"。タロットがモチーフになってて、劇中のチャプターも『月』やら『塔』やら大アルカナのカードの名前。そのへんを絡めてストーリーを語ることはできるんだろうけど、正直それはどうでもよくって。

これ、気持ち良くうたた寝するための映画としてはけっこういい。寝る前とか、眠くてものぐさなときに、横になって、なんにも考えずにぼーっと見たり、目をつぶったりしながら観るとよい。

中盤からうとうとしつつ、予告編にあった足のシーンあたりでフェードアウト。ふと目を覚ますと、『始めよう』の字幕と地平線。眠ってるあいだに2、3、夢を見た気がするけど、それが夢だったのか映画だったのかよくわからない。とりあえず心地よい体験ではあった。
堕落と享楽の中から真理を導き出そうとしたのだろうと思うが、突き詰めるべき台詞が冗漫で何も共鳴できなかった。
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.8
少しでも理解しようと頑張って観てみるけど、やっぱりよくわからない。そんなレベルではありますが、映像の美しさ、人の美しさ、何かしら意図しているであろう映像のつながりなどは楽しめました。
mameji

mamejiの感想・評価

2.0
ニガテだ。ストーリーというストーリーはなく、映像美だけで勝負してる気がする。ワンシーン、ワンシーンこだわって撮影してるなのはすごく感じたけどセリフもかなり少なく感じ取ってくださいって感じの作品かな。出演者はかなり豪華。
Rily

Rilyの感想・評価

3.5
このお方にとって幼少期の父との確執は余程大きなものだったんだろうなって思う。「ツリーオブライフ」や「トゥザワンダー」、そして今作でも、対立やすれ違いというカタチで色濃く出てるし、「ボヤージュ〜」でのしつこいほどの“Mother…”がそうであるように、愛情や温もりを深く求める理由も納得できてしまう。
カスミ

カスミの感想・評価

3.0
映像が綺麗だった
shikihan

shikihanの感想・評価

3.0
バードマン、レベナントのとにかく映像美にやられていたので、カメラマン目当てに見た。相変わらず、映像美は素晴らしい。構図、色、動き、ものの捉え方、滑らかさなと、本当に映像が良かった。
特にストーリー的なものはなく(と、敢えて言う)、散文詩的な感じで、悪く言えばダラダラしてます。でもその散文詩的な部分が断片的に色濃く記憶に残る、そんな映画です。何年か経って、その断片的な映像は覚えていても出演者やタイトルは思い出せない、でもずっと記憶の底に残って、何かの拍子にフッと思い出す、そんな映画です。捨てカットがものすごく示唆的で官能的で意味深で上手いなぁと思った。ということは、捨てカットではないんだな。
chi24

chi24の感想・評価

-
チョイ長く感じた。私だって時間に寛容ではないコトを知る
Begin…どれも入口
>|