• Filmarksトップ
  • ヤング・アダルト・ニューヨークの感想・レビュー

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

While We're Young

上映日:2016年07月22日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:97分
    監督
    ノア・バームバック
    脚本
    ノア・バームバック
    キャスト
    アマンダ・セイフライド
    アダム・ドライバー
    ベン・スティラー
    ナオミ・ワッツ
    マリア・ディッツィア
    チャールズ・グローディン
    ブラディ・コーベット
    ジェームズ・サイトウ
    あらすじ
    ジョシュとコーネリアはミドルエイジの夫婦。ジョシュはドキュメンタリー映画の監督だが、もう8年間も新作を完成させていない。いつの間にか人生にも夫婦にも何かが欠けてしまったと感じていた。そんな時、20代のカップル、ジェイミーとダービーと知り合い、クリエイティブに生きる彼らから刺激を受ける。時代に乗り遅れたくないとSNSに縛られる自分たちと違って、レコードやタイプライターなどレトロなカルチャーを愛するセンスのいい彼らと行動を共にするうちに、2人は再びエネルギーを取り戻していくが──。

    「ヤング・アダルト・ニューヨーク」に投稿された感想・レビュー

    タナカノゾミ™
    タナカノゾミ™の感想・レビュー
    2017/02/11
    -
    いろんな着地点があるぜ
    Reo
    Reoの感想・レビュー
    10時間
    3.7
    やや予想と違う話だったけどこれはこれで
    ちまり
    ちまりの感想・レビュー
    16時間
    3.9
    時代は変わる。便利な時代の良さもあるし、昔には昔の良さがある。便利になりすぎるのも考えものだなと感じた。

    なにを大切にするか。それは個々で違うものだけど、芯がある人は魅力的だなと思う。
    Tsuttsu
    Tsuttsuの感想・レビュー
    19時間
    3.7
    思ったよりつまんなかったけど、ジェネレーションギャップみたいなのを上手く描いてた。オチが良いのとナオミ・ワッツが美人。
    映画鑑賞記録用
    映画鑑賞記録用の感想・レビュー
    3日
    3.7
    私が邦題をつけるとしたら、『後生畏るべし』とでもするかな(笑)
    売れないドキュメンタリー映画監督のベン・スティラーと妻のナオミ・ワッツは、ふとしたきっかけで彼を尊敬するアダム・ドライバー(『フォースの覚醒』や『沈黙』と最近目立って来ましたね)とアマンダ・セイフライド(正直、エマ・ストーンと勘違いしてた。似てる…)の若カップルに出会い、次第に親しくなって行く。若い感性に刺激を受け、彼らの創作活動を支援していくが…。
    中年の危機、若さへの羨望といった当初から見えているテーマに留まらず、ミステリ的で予想外の展開に踏み込んでくるなど、最後まで目が離せない。
    権威者や周囲による、もやもやとする様な裁定も、燦めくような才能を前にしたら才幹と人格を判断上切り離すだろうなという点で残酷にリアルだし、『彼は悪魔じゃない、若いだけなんだ』っていうセリフが好きです。そう、若さってそういう事なんだろうね。
    いまいち、皆さんの評価が低いが、私はこの映画愉しく観れましたよ。
    Beeske
    Beeskeの感想・レビュー
    3日
    2.8
    言いたいことはわかったけど、楽しめなかった。ジェイミーとダービーはいわゆる「ゆとり世代」ってことね。
    自分の都合さえよけりゃそれがルールになっちゃってるんだね。でもそうゆう時代に生まれたから違和感なんてないんだね。
    おじさん世代がいくら説いても意味わかんないんだね。
    そんな若者ばかりになったらやだな。
    ヨシユキ
    ヨシユキの感想・レビュー
    3日
    3.5
    ベン・スティラーっていいですよね。
    なんか観ていて感動しちゃいます。ナオミ・ワッツも好きな女優さんなので、いい感じでした。邦題だけだと何だかよく分かりませんが、ベンの相変わらず誠実で真面目な役回りが作品の出来を満足させてくれます。
    AyaeNomura
    AyaeNomuraの感想・レビュー
    3日
    3.6
    こういう絶妙な狭間感、
    ちょっとわかる気がした。
    KyoIto
    KyoItoの感想・レビュー
    4日
    1.5
    んー、あまり見ようという気になれず。初回でやめた
    夏色ジーン
    夏色ジーンの感想・レビュー
    4日
    3.3
    感想川柳「『何が悪い?』 そんな生き方 したくない」


    予告が気になって観てみました。φ(..)

    ジョシュとコーネリアは、ミドルエイジの夫婦。ドキュメンタリー映画監督のジョシュは、8年も新作を完成させておらず、アートスクールの講師をしている。いつの間にか人生にも夫婦にも、何かが欠けてしまったと感じていた。そんなとき、20代のカップル、ジェイミーとダービーと知り合い、クリエイティブに生きる彼らから刺激を受ける…というお話。

    自分もアラフォーなんで色々思うところはありますね〜(-_-).。oO特に伸び悩みや行き詰まりを感じてる人間としては。(;・∀・)もっと器用に人生立ち回れたらと思いながらも、自らの矜持が捨てられない。子供に対する様々な考えも興味深かった。(-_-).。oO

    ただパッケージのように若い二人から刺激を受けて人生が充実していく…という話ではないのであのパーティー会場での一幕は完全に納得いかなかったですね( ̄□ ̄;)!!なんであんなにしれっとしてられるのか?やっぱりビジネスなんだな〜。

    ベン・スティラーだからかちょいちょいコメディが入ってきて、ローラーブレードのとこは笑った(。-∀-)ナオミ・ワッツのダンスには敵わないけどΣ(-∀-;)アマンダ・セイフライドはこういうちょっとぶっ飛んでるくらいの方が可愛い(*´ω`*)アダム・ドライバーは何かとクセがある役だなぁ(゜ロ゜;
    >|