• Filmarksトップ
  • ヤング・アダルト・ニューヨークの感想・レビュー

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

While We're Young

上映日:2016年07月22日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:97分
    監督
    ノア・バームバック
    脚本
    ノア・バームバック
    キャスト
    アマンダ・セイフライド
    アダム・ドライバー
    ベン・スティラー
    ナオミ・ワッツ
    マリア・ディッツィア
    チャールズ・グローディン
    ブラディ・コーベット
    ジェームズ・サイトウ
    あらすじ
    ジョシュとコーネリアはミドルエイジの夫婦。ジョシュはドキュメンタリー映画の監督だが、もう8年間も新作を完成させていない。いつの間にか人生にも夫婦にも何かが欠けてしまったと感じていた。そんな時、20代のカップル、ジェイミーとダービーと知り合い、クリエイティブに生きる彼らから刺激を受ける。時代に乗り遅れたくないとSNSに縛られる自分たちと違って、レコードやタイプライターなどレトロなカルチャーを愛するセンスのいい彼らと行動を共にするうちに、2人は再びエネルギーを取り戻していくが──。

    「ヤング・アダルト・ニューヨーク」に投稿された感想・レビュー

    タナカノゾミ™
    タナカノゾミ™の感想・レビュー
    2017/02/11
    -
    いろんな着地点があるぜ
    ルビアーチェ
    ルビアーチェの感想・レビュー
    2日
    1.0
    毎日を楽しく思ったように生きたくなる。
    XmasStory
    XmasStoryの感想・レビュー
    3日
    3.5
    この映画好きなひと、共感しちゃうひと…いるのかな?語り合いたい。でも大好きとは言えずむしろ身につまされる思い。観終わってそんな気持ち抱えました。ベン・スティラーの関係性、状況、終わらない映画作り、焦りと諦め混じりつつ観終わって溜息。
    クラゲ男爵
    クラゲ男爵の感想・レビュー
    3日
    2.5
    8年完成しない映像作品を作り続けている主人公は、ファンだという若い青年と出会う。夫婦共に彼のライフスタイルと魅力に魅了されていくが…。いくつになってもこじらせちゃうのは中二でも中年でも同じこと。容量いい人にはついイライラしちゃう~。
    Keisuke830
    Keisuke830の感想・レビュー
    5日
    3.5
    アダムドライバーみたいな性格の悪い奴がテラスハウスを企画して監督してると思う
    あべちゃん
    あべちゃんの感想・レビュー
    6日
    2.5
    ノーコメント
    Runa
    Runaの感想・レビュー
    2017/05/16
    3.4
    オシャレでコミカルな内容かと思いきや、ちょっと違ってた。

    若い人達が今のテクノロジーとは逆行してアナログな生活をしてるとことか、面白かった。まあ他人と違う事をやりたいって気持ち、若い頃の方があったかな。
    今はあんまりないけど…

    若くありたい気持ちはいつも持ち続けたいけれど、ミドルエイジ世代としては自分の痛い姿見せられてるようで小恥ずかしかった。

    ナオミ・ワッツのおばさんキレキレダンスは笑った〜(^○^)
    Gozlove
    Gozloveの感想・レビュー
    2017/05/16
    3.8
    イタタタ、自分もちょい主人公タイプなんで、痛い所を突かれる感じ。

    些細なこだわりの為に、8年かかっても何も作り上げられない人間、そーゆータイプ〜~( ̄□ ̄*)( ̄□:;.:... ( ̄:;...:;.:. :::;.

    いつもノアには、突かれる。

    しっかし、ベン・スティーラーは、どーーーーも好きになれない、(* ̄m ̄)プッ。
    みね
    みねの感想・レビュー
    2017/05/15
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    映画は自由に表現していい。
    映画を作るにあたり、それぞれのポリシーがある。
    譲れないところがある。
    何を伝えたいかがある映画は名作になっていく。
    経済活動なのか、文化活動なのか。
    考えさせられる映画でした。

    また、若くても年配でもどちらのパートナーの女性がいつでも自分の好きな人の味方って所がステキでした。
    A
    Aの感想・レビュー
    2017/05/15
    2.5
    年相応ってなんだろう。

    ウディ・アレンの作品が観たくなる。
    >|