ヤング・アダルト・ニューヨークの作品情報・感想・評価

ヤング・アダルト・ニューヨーク2015年製作の映画)

While We're Young

上映日:2016年07月22日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

ジョシュとコーネリアはミドルエイジの夫婦。ジョシュはドキュメンタリー映画の監督だが、もう8年間も新作を完成させていない。いつの間にか人生にも夫婦にも何かが欠けてしまったと感じていた。そんな時、20代のカップル、ジェイミーとダービーと知り合い、クリエイティブに生きる彼らから刺激を受ける。時代に乗り遅れたくないとSNSに縛られる自分たちと違って、レコードやタイプライターなどレトロなカルチャーを愛する…

ジョシュとコーネリアはミドルエイジの夫婦。ジョシュはドキュメンタリー映画の監督だが、もう8年間も新作を完成させていない。いつの間にか人生にも夫婦にも何かが欠けてしまったと感じていた。そんな時、20代のカップル、ジェイミーとダービーと知り合い、クリエイティブに生きる彼らから刺激を受ける。時代に乗り遅れたくないとSNSに縛られる自分たちと違って、レコードやタイプライターなどレトロなカルチャーを愛するセンスのいい彼らと行動を共にするうちに、2人は再びエネルギーを取り戻していくが──。

「ヤング・アダルト・ニューヨーク」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

中年にさしかかった人には痛いほど共感できる問題。あー私は何をしてるのだ、そして若さへの郷愁。しかし、残念ながらこの映画、面白さはあんまりないし、深刻に考えさせてくれるところもなんとなくおちゃらけるし、どこも今一つ。究極の問題は、客観性を欠いた個人の意見として、ナオミワッツが美しすぎて、落ちぶれかんや焦燥感が感じられなかった。最後の養子も、お金のない夫婦には非現実的。なくても幸せな人生をどこまでも追及してほしかった。これがアメリカの常識か。
sachi

sachiの感想・評価

3.0
そんなに長い映画でもないし、テンポも悪くないのに、長く感じました。前半は良かったんだけどな・・・子供が産まれた友人との距離感とか、わかるー!と共感しました。が、最後はそうなるか・・・と思ってしまった。

途中の、変なセラピー?あたりが受け付けなくて、そこからあまり楽しめませんでした。アマンダは可愛かった!
好きだったけど、アダムさんとアマンダちゃん、ベンが居たから…な感じはあった
映画館で見てたらちょっと集中力切れちゃいそう。

自分大好き!キャラのアダムさん、はっちゃけネガキャンガールのアマンダちゃん可愛かった〜
akary

akaryの感想・評価

-
大好き!めっちゃくちゃ面白かった…!!
それぞれのキャラクターが愛おしすぎる。
Beautifulばっか連発するジェイミーなんて笑っちゃうぐらいに、あ〜いるいる!いるわ〜!感。

就活生のときにゴーストワールド観たときみたいに、観るタイミングとしては割ときっつ〜と思うシーンもあったけど、まだ少し若いから今観れて良かったな◎

最後のシーンも印象的。
そして原題も邦題もいい◎
しおり

しおりの感想・評価

3.5
ジェイミーが嫌なやつすぎて。。。
歳はジェイミーに近いはずなのに、40代のジョシュに深く共感。焦りとか、すごくわかる。
ラストはよかった。
ドキュメンタリー映画作り、面白そう。
こまち

こまちの感想・評価

3.9
きっとどんなジャンルにいても、何をしていても誰もが経験するであろう「世代交代」。
アラサーの私が見るとの40代がこの映画を見るの、そして10代で見ても全く違う視点で見ることができるであろう作品。

「老化」は病気でもなんでもないのだけれど、明らかに「あの頃」とは違う自分にしてしまう。当たり前だけど時代は変わる。正解も変わる。かと言ってジェイミーが正解だとは思えないけれど、でもそうやってのし上がっていくのもひとつの方法。
ラストのシーンで夫婦は改めて感じたのだろう。「時代は変わっている」ということを。
akiko0406

akiko0406の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

‪“While we’re young” 邦題はヤングアダルトニューヨーク。はい、邦題で選びましたが、やはり原題の方がしっくりくる。他のレビューで書かれていましたが、三匹の子豚がモチーフに。狼のアダム・ドライバーが”Girls”とは真逆?の悪者でセクシーです。歳と現代共にうまく受け入れて生きてきたいっす。‬
#2018年86本目
Sanko

Sankoの感想・評価

1.5
途中観るのやめようかと思ったけど、頑張ってみてみた。うーん。なんかイライラに似たモヤモヤ感。爽やか系の映画と思って観たのに残念。なんだこれー。
>|