ヤング・アダルト・ニューヨークの作品情報・感想・評価

ヤング・アダルト・ニューヨーク2015年製作の映画)

While We're Young

上映日:2016年07月22日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

ジョシュとコーネリアはミドルエイジの夫婦。ジョシュはドキュメンタリー映画の監督だが、もう8年間も新作を完成させていない。いつの間にか人生にも夫婦にも何かが欠けてしまったと感じていた。そんな時、20代のカップル、ジェイミーとダービーと知り合い、クリエイティブに生きる彼らから刺激を受ける。時代に乗り遅れたくないとSNSに縛られる自分たちと違って、レコードやタイプライターなどレトロなカルチャーを愛する…

ジョシュとコーネリアはミドルエイジの夫婦。ジョシュはドキュメンタリー映画の監督だが、もう8年間も新作を完成させていない。いつの間にか人生にも夫婦にも何かが欠けてしまったと感じていた。そんな時、20代のカップル、ジェイミーとダービーと知り合い、クリエイティブに生きる彼らから刺激を受ける。時代に乗り遅れたくないとSNSに縛られる自分たちと違って、レコードやタイプライターなどレトロなカルチャーを愛するセンスのいい彼らと行動を共にするうちに、2人は再びエネルギーを取り戻していくが──。

「ヤング・アダルト・ニューヨーク」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

中年にさしかかった人には痛いほど共感できる問題。あー私は何をしてるのだ、そして若さへの郷愁。しかし、残念ながらこの映画、面白さはあんまりないし、深刻に考えさせてくれるところもなんとなくおちゃらけるし、どこも今一つ。究極の問題は、客観性を欠いた個人の意見として、ナオミワッツが美しすぎて、落ちぶれかんや焦燥感が感じられなかった。最後の養子も、お金のない夫婦には非現実的。なくても幸せな人生をどこまでも追及してほしかった。これがアメリカの常識か。
ゆきな

ゆきなの感想・評価

3.5
わたしは年齢的に若者側だけど、失敗せず傷つきもせず誰かの努力を鼻で笑いながら傷つけて利用するような奴になるくらいなら泥まみれで痛々しくても良い。と思える映画でした。

ドライバーの役が嫌な奴すぎて、さらに主人公のお人好しさが辛い。もうやめてー!みたいな…
同世代とも若い世代とも上手くいかない主人公夫婦が自分と重なる人もいるかも。わたしとか。
大人とか、子供とか、なんなんだろ。
結局年齢じゃなくて人間性だとは思うけど…

演出がオシャレな哲学映画。

宗教みたいな場面怖かった…
TAXSEA

TAXSEAの感想・評価

2.0
何一つ引っ掛かるところがなかったな。
KG

KGの感想・評価

3.2
ずる賢い才能が勝って純情な人が負ける話ってしか受け取れない…胸くそ悪目…。多分違う人が見たら違うことが浮かぶんだろうなあと思いながら見てしまった。
ささき

ささきの感想・評価

3.8
俳優が好き。大人の葛藤がすごい。
違う世代のカップルのジェネレーションギャップを描いた話。

そのカップルが共同でドキュメンタリー映画を製作するのだけど‥

これきっといつの時代も必ずあるのだろうけど、今この時代のそれを描いているから結構面白かった。

大人はミーハーで
若者はクラシックを求める。

つまりは大人って何なんだ??
って所にぶつかる話。

ラストシーンはスマホをイジる赤ちゃん。果たして子どもが持つ可能性はどう転ぶのか‥
まだこの世界の誰も、赤ちゃんの頃からスマホ漬けにした子は、どんな大人になるのか?の答えを見た人はいない。
私の死後は凄い世界になってるのかなぁ。
844

844の感想・評価

3.6
ベンとワッツ、ジジババ夫婦。
ドライバとアマンダ、ヤング。
ベンが映画作家でドレーばりに制作期間長いし六時間の作品。
講師してたら若手映画作家のドライバと出会う。
偶然おんなじ店に行き皆で会食。
ワッツのパパは伝説的映画監督で紹介してもらう。
四人でペヨーテ的なもの飲んだり楽しむ。
ドライバーのドキュメンタリーの手伝いしてたら違う話題で映画題材見つけてから。ドタバタ。
とりあいずアマンダかわいい。
ワッツのダンスかわいい。
フェイクなやつは売れやすい。
チュン

チュンの感想・評価

2.0

自分にはなにもぶっ刺さりませんでした。

でてる俳優は好きなんですけどね〜
展開も読めたし、仕返しも中途半端。
なんていうか演技を見せられてる映画というか、リアルさがないんですよ。
起承転結の幅が小さく退屈な作品でした。
2016年度、映画館でみたNo.1でした!

映画開始まもなく「コレってもしかして、かなりいいセンいくんじゃない?」って思うことありますよね?
で、途中でもまだワクワクしてて「あーこのままいってくれ!」って祈っちゃうことありますよね?

「ヤング・アダルト・ニューヨーク」、そのまま無事傑作化!おめでとう!

ニューヨークの子無し40代カップルが、若いカップルに出会い、刺激されて、自分たちの人生を見つめ直すという話かと思いきや、途中で話しは…わぁーーー!もう言えない!
笑えます!考えさせられます!みにつまされます!そして、誰もが通る「年をとること」についてのあるある通過儀礼にウンウンとうなずかされた後は、ハッとして、グッと来て、じんわり暖まります。

監督は「フランシス・ハ」のノアバームバック。
「フランシス・ハ」にちょっと期待し過ぎた自分ですが、本作の突き抜けた素晴らしさにハッとさせられてました、
「フランシス・ハ」こそ「ヤングアダルト・ニューヨーク」をつくるための通過儀礼だったんだと!
「フランシス・ハ」でアダムドライバーとめぐり会ったノアバームバックは思ったでしょうねえー、「ジェイミーが見つかった!!!」と。
それだけ本作のアダムドライバーは輝いています!
本作があるおかげでアダムは「カイロレンのひとね」と言われなくてすむことでしょう。だって本作こそが彼のキャリアハイ!(アダムごめん、勝手に決めて!)
そしてベンスティラーの激ギレに、ナオミワッツのダンスに、チャールズグローディンのやさしさにアダムサイフリッドの軽さに、謎のハイキックコンテストに…あーもう全てがサイコー!
そして、おかげでもう帽子かぶれないじゃん!もう!

しかしヤングアダルトニューヨークって邦題、ほんとしょーもな。原題は「While we’re young」。「若かりし頃に」とでも訳しましょうか。映画を終わった後に、うーんと唸らされる素晴らしいタイトル!
wkako

wkakoの感想・評価

3.7
わかる。
>|