shiho

メイズ・ランナーのshihoのレビュー・感想・評価

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)
4.8
うわぁ…超面白かった!!
映画を観てこんなに興奮したのは久しぶりです。

あらすじは載ってるから省略!
平地から見える迷路の壁の威圧感だけで私大興奮してしまいました…笑

生きて脱出するか、死ぬかだ!

CMを見てCUBEみたいな脱出系で、逃げ遅れると壁にすり潰されるのか…とビビってたのですが、そうやって死んだ人はいなかった…(T_T)ホッ
意外な程絵的なグロさはありませんでした。

謎だらけの状況で健気に結束して頑張る青年達にはとても好感が持てるし、何よりキャラが立っている。
主人公は、主人公たる特徴をきちんと持ってる並のイケメン(進撃の巨人に色々似ている作品ですが、言うならば正に彼も死に急ぎ野郎)なのですが、
サイドを固める2人が好き過ぎました(*^^*)
ミンホ(唯一の黄色人種。アジアの星☆)は、
唯一迷路の探索を許されてるランナーのリーダーって時点でカッコいいし(足が速い男の子がモテるアレ)、
武闘派な感じで男らしく冷静な感じでステキです。
欧米人の中に入ると意外にもアジア系に目がいく不思議。民族的に近いからでしょうか笑?

ピーターパンがそのまま成長したみたいなニュートは顔ちっちゃい!かわいい!途中まで野郎だらけだったしこの人がヒロインポジションなのかと思うくらい画面に華を添えてました笑
画面に出るだけで嬉しいo(*゚▽゚*)o♡
ダントツのかわいさを誇っていました。おまけに優しく厳しく聡明な感じがするのがまたgood♡

他キャラも、よくいそうなタイプではあるのですが、それがむしろカチっとわかりやすくそのステレオタイプにハマっていたからか、見ていて気持ち良かった。ありがちな「俳優の見分けがつかない」ということもありませんでしたし☆

夜になると出口は閉じ、モンスターの這い回る迷路に閉じ込められる。
昼間でさえ威圧感たっぷりの迷路は夜になるとめちゃめちゃ怖い!
私は昼でも夜でも迷路のシーンになる度緊張で体がガタガタ震えました…笑

中に入った仲間が出口が塞がる夕方になっても戻って来ない…戻ってきたけどもう間に合わない!!っていう絶望感…。
閉まりきって閉じ込められてからの恐怖感…。
新しいコースに辿りついた時のドキドキ感がたまらなかったです。

これが例えばバイオハザードだったら「あっ死んだね〜」くらいで見られるけど、これは簡単にザバザバ人が死ぬわけでもないけど常に死の恐怖がすぐそこにある。
たいした武器も特殊能力も持たない(瞬発力とかなりの体力はあると思うが)ただの人間が絶望的な状況から活路を見出すところが良いのかなと個人的には分析してます!

久しぶりにワクワクしながら映画を観れました!
小説が元らしいけどせっかくだから読まないで続編を観ようと思います♡

追記:2回目に見ると、冷静にツッコミ入れたくなるところはたくさんある…笑
でも初回の感動があるからそれでいいや。
あとカメラワークと音楽・構成・役者が良いから楽しく観られたってのもありますね。

小説版をチエックしたら変なイラストの表紙で萎えた…(´・ω・`;)

紅一点のヒロイン、テレサは美人さんだったがちょっと演技力に欠けたと思う。
気が強そうで足手まといにならないのは良かったけど、なんか表情のレパートリーが少なかったかな。
最終対決前に髪くくってたけど、そんなの出発前にやっとけよ笑って思ったし笑 サバイバル感が彼女とトーマスだけ薄かった。