円柱野郎

ネイバーズの円柱野郎のネタバレレビュー・内容・結末

ネイバーズ(2014年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

隣家のどんちゃん騒ぎを何とかしようとするドタバタコメディの類だが、手練手管というよりは単純に嫌がらせくらいの展開なので、まあありがちな米国コメディって感じの枠に収まってしまう。
個人的にはエアバッグは派手に飛んで笑えたけども、基本的に下ネタ&ドラッグが多いし。
伏線は花火くらい?
家を燃やすくらいするのかと予想したが、そうではなかった。
でもデ・ニーロ大会は良かったなあ、あれは笑えるが元ネタ観てないとムリだろw
あ、あと赤ん坊は可愛い。
赤ちゃんは“隣家を静かにさせる”という動機くらいにしかなってないけどね。

セス・ローゲンは彼らしい役どころとは思うものの、平凡な家庭人というよりは一緒にハッパをやりそうな感じ…と思ったら初っ端から混じってるし。
そう思うと学生側も完全に悪者でもないような、迷惑はかけてるけど結局「どっちもどっち」なんじゃないの?
全体的にはもう少しスラプスティックな展開でも良かったかもと?と思いつつ、でもザック・エフロンがこういう役をやってること自体も珍しいから、まあいいか。
そういえばスティーヴ・カレルがチラッと出てたな。