ピートロ

殺人ワークショップのピートロのレビュー・感想・評価

殺人ワークショップ(2012年製作の映画)
3.9
ワークショップ参加者が殺したい相手を発表するシーンで、講師の江野祥平が「それはチンチン切断やな」とか「それはレイプしかないな」などと淡々とコメントするシーンが好き(残念ながらこれは巧妙に回避され実現しないけど)。
ENBUゼミナール作品らしく、意図やキャスティングについてはDVD特典トークにくわしい。
実際のワークショップでワークショップをテーマにするメタ構造とか、白石監督作品ではおなじみのキャラクター江野祥平が活躍したりなど、よくできてるなあと思ったのに、なんでこんなに点数低いんだろ…。