ザ・スリルの作品情報・感想・評価

ザ・スリル2013年製作の映画)

CHEAP THRILLS

製作国:

上映時間:67分

2.8

あらすじ

初めての子が生まれたばかりのクレイグは、突然仕事を解雇された。貯金もなく家賃も払えない彼は、立退きの通知を受け、絶望のあまり独りでバーへと立ち寄った。そこで出会った謎の金持ちカップル。彼らはクレイグにあるゲームを仕掛けるのだった。「これができたら◯◯ドル!」ごく簡単な内容と引き換えに現金を手にし、喜ぶクレイグだったが、ゲームの内容は次第にエスカレートし、遂には逃げ場のない究極の選択へと彼を導いて…

初めての子が生まれたばかりのクレイグは、突然仕事を解雇された。貯金もなく家賃も払えない彼は、立退きの通知を受け、絶望のあまり独りでバーへと立ち寄った。そこで出会った謎の金持ちカップル。彼らはクレイグにあるゲームを仕掛けるのだった。「これができたら◯◯ドル!」ごく簡単な内容と引き換えに現金を手にし、喜ぶクレイグだったが、ゲームの内容は次第にエスカレートし、遂には逃げ場のない究極の選択へと彼を導いていくのだった…。

「ザ・スリル」に投稿された感想・評価

お金持ちと道楽ゲームでわいわい楽しく遊ぶ映画。なんとなくカイジを思い浮かべちゃいました。
途中まではタイトル通りスリルを感じられて面白かったものの、中盤辺りからは うひひーこんなん入れたら面白いやろ!のオンパレードで、特にスリルを感じられなくなってしまったまま終了!

ラストも特にひねりもないままダサいカットで終わり!
もうちょっとお金持ち夫婦に裏があったりしてくれたら面白かったんじゃないかなーと思いました。
ka

kaの感想・評価

-
2018.05.20
金額がもっと高くて、二人とももっと金銭的にどうしようもなく危機的な状況にいたら説得力があったなぁ

どんどん壊れていく感じは面白かったけどね
pm

pmの感想・評価

-
〜できたら〜ドル系
rann

rannの感想・評価

3.4
軽い気持ちで鑑賞したら、中々心えぐられました。
クビにされて、家賃や生活費を賄えないクレイグ。
彼には妻と生まれたばかりの子供がいる。
養わなければならない家族がいます。
やっけになって立ち寄ったバーで
高校時代の友人と5年ぶりの再会。
フレンドリーな友人に巻き込まれる形で
バーに居たあるカップルと仲良くなりますが
実はその金持ちカップルはクレイグと友人を
お金で釣って次々とめちゃくちゃな要求をしていきます...

意外と評価が低い..
内容はかなり鬱な展開ですが
引き込まれる内容だった。

こういうのって最初は小さい要求だからそれを飲んで、どんどん引き返せなくなっていくんだよね。お金の力と人の滑稽さを描いた作品は色々あるけど、そんな中でもこの作品は変態色強かった。

お金に困っていて、お金を稼ぐためにどこまでやるか。
どこまで壊れられるのか。
人間について描いている作品でもあるんだけど、実際そこまでやるか?!って所まで、どこかリアリティを感じさせてしまうのが映画の凄いところ。
一夜にして道を踏み外しモンスターに変身したクレイグ。
また、お金を持て余している人間が求める嗜好も歪んでて気持ち悪い。
観ました。

 俺のすべては〜おまえのものさ〜
職を失った主人公は、金持ちが提案したゲームを受ける。
〇〇したら300ドル...しかし内容はどんどん次第にエスカレートしていって・・・

まぁありがちな設定だけどずいぶん前に同じような設定の映画を見た気がするけどリメイクかオマージュなんかな?
記憶もあいまいだし名前忘れてるから何とも言えないけど

しかし人間って追い込まれてるといえあそこまで金のために行けるもんかな
金って怖い・・・
まぁ実際最初の方じゃ簡単だし俺でもやるかな多分ノリで

友達相手にそこまでやるかってなると話は別だけどね
内容もドンドンエスカレートしていくからどんなラストか期待してみてたけど普通にきれいに落としてくれたから逆によかったのかもしれない
おもしろいか面白くないかだったら面白かったしよかったとは思うけど
あんまり広められる作品でもないわ
鑑賞人数少ないからどんな作品かとおもったけど思ったよりは悪くはなかったからあらすじ見ていいなって思た人にはおススメ!!
以前、職場の後輩が仕事中に自分に問いかけてきた。『小指って鼻ほじる意外何の役に立つんですかね?』と。何故かこの映画を観てるとそれを思い出した。自分が思うところ小指が無いとバランスも取れないし力も出ないと思う。それを小指をバカにしたこの映画とバカな後輩に伝えたい。
みぃ

みぃの感想・評価

3.5
鑑賞記録
hero

heroの感想・評価

3.4
オチがわかった上で観てもハラハラするし、金の力は恐ろしいと思いました。

いい塩梅でグロいし嫌悪感あるしいいね!
>|