ベル&セバスチャンの作品情報・感想・評価

「ベル&セバスチャン」に投稿された感想・評価

きもち

きもちの感想・評価

3.4
犬の眼差しは、人の言葉よりも雄弁
kima

kimaの感想・評価

3.7
何よりハッピーに進むのが良い。
たまに人より大きなことを知っているような犬っているよなぁ。とか考えながら観てました。
OKADA

OKADAの感想・評価

4.5
ハイジの男の子版といった印象。
アルプスの少年セバスチャンと、勇敢な犬ベル。
美しい!
とにかくアルプスが綺麗。
夏から始まり、真っ白な積雪の季節に。

虐待から逃げ野良犬となったベルが、なぜかセバスチャンにだけ心を許す。
村人たちは、人間を信用しない犬は危険なだけだと猟銃を向けるが、セバスチャンは助けようと必死。
一方、ナチスの兵士が現れて、村人にユダヤ人の山越え亡命を手助けしている人がいると言い、捕まえるために村に居座る。

アルプス山脈のフランス側にある村で、少年と犬の、友情と成長。
竹

竹の感想・評価

3.0
映画としては、フランス映画らしく抑揚なく淡々とした感じ。
亡命の峠越えなんて壮絶なことするんなら、犬洗うのと同じテンションで終わらず、後半の盛り上がりがあった方が見やすかった。
でも、ちっちゃい美少年とでかい犬が一緒にいる映画はそれだけで1000000点満点だから好き。
ちか

ちかの感想・評価

3.9
「猛獣」「凶暴」そんな噂の中で生まれた言葉をセバスチャンは信じずに、真っ直ぐにベルを見つめて彼女と打ち解けていく姿が素敵だった。

そんなセバスチャンだからこそ
ベルは過去を振り捨てて、セバスチャンからの縄を受け入れられたのだろうとと観ながら感動してた。

最後に「ベル、帰ろう」っていう台詞。帰る場所が一緒になったことを再確認して、彼らの後ろ姿を観て暖かい気持ちになった。
ちょめ

ちょめの感想・評価

4.5
とっても素敵な映画だった!
舞台は戦時中、ナチス占領下のフランス。といっても重すぎないストーリーで楽しめた。泣いた。

透き通るような歌声とアルプスの厳しくも美しい大自然に心洗われます。
なにより少年とわんちゃんの可愛さったら…!癒しすぎる…
観て良かった。

グレートピレニーズってこんなに大きくて真っ白でふわふわでふかふかで賢いんだな!大好き!!


続編も楽しみ〜〜!🐶
mine2cho

mine2choの感想・評価

3.8
犬と少年。

イチャイチャしてるのを見てるだけで目尻下がるわ。

ストーリーも良く出来てます。
単なる犬と少年の友情物語かと思ってましたが、ユダヤ人をナチスから逃す手助けをする国境越境付近の村がステージになっていて、最後の方はシリアスな戦争映画です。

途中に入る歌と、川に入ると犬ってあんなにキレイになるんだぁ〜ってとこ以外ツッコミどころ無かったし、風景が綺麗なのも見どころですね。

子供と観れる良い映画です。
律

律の感想・評価

4.0
美しい自然の中で育まれる王道系の少年と犬の友情物語。男の子がすごくかわいい。
>|