きっと、星のせいじゃない。の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

きっと、星のせいじゃない。2014年製作の映画)

The Fault in Our Stars

上映日:2015年02月20日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「きっと、星のせいじゃない。」に投稿された感想・評価

ラルフ

ラルフの感想・評価

3.5
死を前にしても精一杯に人を愛し命を全うしようとする若者の話。


よくありがちなお涙頂戴ものとは違う感じのジメジメした作りじゃないので良かった。
あーり

あーりの感想・評価

3.6
忘却か。
自分が本当にいなくなるみたいで
たしかにこわいね。
Melanin

Melaninの感想・評価

3.7
終わり方が良い。
でも邦題、原題と逆じゃない?ゼロ・グラビティ現象や。シェイクスピアオマージュらしいけど、釈然としない笑
ちゃま

ちゃまの感想・評価

4.0
オーガスタスが粋
tomoko

tomokoの感想・評価

3.5
大泣きだった😭そしてまだ読み終わらない小説。
remon

remonの感想・評価

4.3
難病を抱えながらも生きる2人を過度な演出はせずに描いた作品。同テーマの作品の中には感動ありきで作られるものも多いが、この映画の主人公たちは等身大のティーンエイジャーであり、感情移入してしまうからこそ涙してしまう良作だった。
ストーリーだけでなく若手2人の熱演も素晴らしかった。
Benety

Benetyの感想・評価

-
きっと星のせいじゃない
٩꒰⍢ ꒱۶⁼³₌₃

ずっと見れてなかったこの作品
病気涙涙系なのかと思ってたら、
思ってたより深かった。

主に出てくる登場人物は末期がんか
ガン経験者。
限られた時間の中で
何をするか
何を残すか

明日が当たり前に来るって思って
こうして今年も大晦日を迎えて。
終わりが近いと知った時に
何をできるだろう

この広い広い世界に
限られた時間で名前を残すのは難しい。
だけど
隣にいるあの人なら
一緒に生きてきた家族になら
きっと何かを刻める
おっきくなくても広くなくてもいい
狭く無限に深い隣人愛を感じる
そんな作品でした

主人公が訪れた
アンネの家。
肺に水が溜まって息が苦しい中
階段を
登って登って。
もう十分登ったのに
そこにあったのは
ゴールではなくハシゴ。
みんなはらくらく登っていくのに。
当たり前のように上まで行くのに。
すごく胸に焼き付くシーンでした...

悲しいんだけど明るくて
つらいけど元気になれて。
結局最後まで見ると不思議と前向きになれる。
そういう素敵な作品でした
二人の愛は星のように輝いて見えた。
じゅり

じゅりの感想・評価

5.0
1番好きな映画❤アンセルがカッコイイ。。

人は苦しみと共に生きていける、あなたから教えてもらったのよヘイゼル

君に傷つけられるなら本望だよ

このお母さんとオーガスタスの台詞がとても好き。
無限の話も好き。もう全て好き。
いつか好きな人とアムステルダムに行けたらいいな…💭
>|