きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

The Fault in Our Stars

上映日:2015年02月20日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    ジョシュ・ブーン
    脚本
    スコット・ノイスタッター
    マイケル・H・ウェバー
    原作
    ジョン・グリーン
    キャスト
    シャイリーン・ウッドリー
    アンセル・エルゴート
    ウィレム・デフォー
    ローラ・ダーン
    ロッテ・ファービーク
    サム・トラメル
    デイヴ・ウェイレン
    アナ・デ・ラ・クルス
    ジーン・ブラサード
    ランディ・コヴィッツ
    クリス・ジェイムソン
    ウィリアム・カニア
    ティファニー・ザンダー・マッケンジー
    ナット・ウルフ
    あらすじ
    運命がくれた、今日が愛しい。 人気ベストセラー小説を『(500)日のサマー』の脚本コンビが映画化! 世界中が恋に落ちた、すべての人生を輝かす希望の物語

    「きっと、星のせいじゃない。」に投稿された感想・評価

    観た時期がよくなかったからかなにも感じなくてあんまりわからなかった
    もう一度リベンジしたい映画
    何気なく手に取ったけどなかなかタイムリーな内容
    レビュー漏れ
    愛の素晴らしさと死ぬことへの恐怖を絶妙に描写している映画。
    自分でもびっくりするくらい泣きました
    感動
    お別れをする日が来ても愛せて良かったと思ってもらえるように。思えるように。誠実に生きていたいなぁ。

    このレビューはネタバレを含みます

    ウィレム・デフォーが出演しているとは思いもよらなかったので驚きました。さすがカメレオン俳優。どんな役にもしっくりくるし、嫌な役だけど憎めなさもしっかり残してた。

    映画、私は旦那さんと観て一人で号泣しまくり。口の中に涙の味が広がるぐらい。悲しいとかっていう感情よりも、登場人物達の詩的なセリフに始終感動してしまいました。

    女の子の弔辞もモチロン良かったけど、アイザックの「未来からサイボーグが来て、自分にサイボーグの目をくれるって言ったら断る…だってガスがいない世界を見れたって意味なんかない…」って感じのセリフだったかな?
    …すごいよね。アメリカ人って詩をよく読んでるの?それともこれは映画だから?
    言葉って芸術的にも悪意にもなる。
    生まれ変わっても人間がいいなぁ。
    なんじゃこのコメント💦
    末期ガンを患っているヘーゼル・グレースは、余命が短い自分と深く関わると相手を傷つけることになると思い、他人を意識的に遠ざけている。嫌々ながら参加したガン患者の集会で、骨肉腫のために片足を切断したガスと出会う。ガスがヘーゼルの好きな作家にメールを送ると、返信があり、作家の下に向かうべくアムステルダムに飛びだったが、そこで思わぬ言葉をかけられる。その最終日、ガスはヘーゼルにずっと隠していたことを打ち明ける。
    涙なしには観れない、感動のラブストーリー。
    >|