きっと、星のせいじゃない。の作品情報・感想・評価

きっと、星のせいじゃない。2014年製作の映画)

The Fault in Our Stars

上映日:2015年02月20日

製作国:

上映時間:126分

3.8

あらすじ

運命がくれた、今日が愛しい。 人気ベストセラー小説を『(500)日のサマー』の脚本コンビが映画化! 世界中が恋に落ちた、すべての人生を輝かす希望の物語

「きっと、星のせいじゃない。」に投稿された感想・評価

公開当初、劇場でも2回鑑賞し、その後DVDを買い、再び鑑賞。

御涙頂戴系と思いきや、期待を裏切られた。この作品が愛おしい。あの境遇がなかったら、2人は親密にならなかったし、そもそも出会ってもいない。いつどうなるかわからない相手と自分と向き合いながら、恋をするってどんな感じなんだろう。ユーモアは大切だけど、死んだら、無意味なんだな
namika

namikaの感想・評価

3.8
お互い病気と闘いながらも想い合い、限られた時間を大切に懸命に生きる姿が皆永遠ではない現実を考えさせられた。
2人でお洒落してディナーを食べるシーンも素敵だった。
ラストにやっぱり泣いてしまった。
彼女たちの人生は限られているのに、私なんかより、明るく前向きに毎日を過ごす姿に感銘を受けました。一つ一つのことが、当たり前じゃない、病気だからって諦めることがあるか?とたくさん考えさせられました。みなさんが評しているようにふたりがドレスアップしてディナーに行くシーンや、美しいキスのシーンがすごく好きです。
koh

kohの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

「ベイビー・ドライバー」で初めて今作の主人公ガス(アンセル・エルゴート)を見たときの衝撃再び。

登場シーンからもう引き込まれるこの魅力。そしてヒロインのヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)。

小さい頃にガンが見つかり、それからずっと放射線治療やら投薬の繰り返し。今も鼻にパイプを通して生活している。もう恋をしたり明るい未来など無いと思っていたが、、

自分のことを好きになってくれた人への恥じらう姿や表情が素晴らしい。
いずれ死ぬから友達でいようと決めたのに、初めての飛行機ではしゃぐガスが、たまらなく愛しくてキスしてしまうとことか、良かったな。

いい作品だった。
まず題名きっと星のせいじゃないこれはすごく内容にあってると思う
この映画の1番いいところはありきたり病気で恋人死ぬだけの映画じゃなく二人とも限られた命という運命を受け入れながらも精一杯深く愛していくというところだと思う。無限という概念がすきになった
眠い

眠いの感想・評価

4.2
泣くとは思わなかっ…ぐっ…うっ…OK?
....OK.
ユーキ

ユーキの感想・評価

4.8
号泣した
ディナーのシーンがすごくすき。
良かった
>|