きっと、星のせいじゃない。の作品情報・感想・評価

きっと、星のせいじゃない。2014年製作の映画)

The Fault in Our Stars

上映日:2015年02月20日

製作国:

上映時間:126分

3.8

あらすじ

「きっと、星のせいじゃない。」に投稿された感想・評価

copywriter

copywriterの感想・評価

4.2
最初は、ヘーゼルがシニカルに世の中を眺めてて、こちらもすこし距離を置いて見ていたのだけれど、ガスと出会った瞬間から、画面から生きるよろこびがあふれはじめて、そうそう恋愛映画はこうでなくっちゃと。

だが、あの作家が出てきたあたりから少しずつ毛色が変わって。ああ、この映画は、たしかに恋愛映画だけれども、それ以上に「大いなる痛み」とやらに向き合う人たちのためにつくられた作品なのだなあ。単なる難病ものとのクサビは、あのアル中親父が打ってくれた気がした。

印象的だったのは、アンネの部屋のシーン。アンネとヘーゼル、悲惨な境遇は共通することだけれど、戦時下で夢想せざる負えなかったアンネと、横たわる美しいものに気づかずに夢想ばかりしているヘーゼル。息を切らしながらも階段をのぼり、ヘーゼルが真実にたどりつくその過程と、その後のキスシーンへのなだれ込みは、本当にロマンチックすぎる瞬間で。かすかな希望だとか結末だとかに意味を求めて生きるよりも、ガスがいて、家族がいて、世界があることのかけがえのなさ。もっともっと大切なものに気づけてよかった。

全編、悲しさより、さわやかさが勝っていたのは、その語り口の軽妙さ以上に、人より短いスパンのなかで、生のよろこびを全力でまっとうしていたからだと思う。同情や死の悲しみよりも、生のよろこびが大部分なのだ、この映画は。だから、あったかい気持ちになる。ぼくは男のクセして恋愛映画が好きなのだけれど、その理由のひとつが「生きててよかった」感が描かれやすいからで。そんな意味でも、この映画には、儚さの中で輝く本当に尊いものを見せてもらった気がする。
aoism

aoismの感想・評価

3.8
生前葬、したいな
リサ

リサの感想・評価

-
死ぬほど泣いた。
yosko

yoskoの感想・評価

3.7
言葉の魔力で彩られたキラキララブストーリー。これは評価が高いのも納得。

死が目の前に迫る2人の儚くも明るい、刹那を生きるラブストーリーってなればそれはもう感動間違いなし。劇中のセリフの言い回しもオシャレでカッコいい。

死が近づいてくることへの恐怖があるにもかかわらず、そのことをシリアスに感じさせずに、2人の貴重な時間を際立たせる演出になってるところもグッド。

これはメタファーですとか言ってみたい(笑)
Christina

Christinaの感想・評価

3.8
「君に傷つけられるなら本望だよ」

こんな言葉を彼女に言えるオーガスタスが素敵すぎる。

劇中のセリフがとにかく良い
ストレートなオーガスタスの言葉に心を揺さぶられました。

残念だったのがアムステルダムに着いた時の音楽、なぜあの曲にした。
かわいい二人
たみ

たみの感想・評価

3.8
観たのだいぶ前だけど大号泣
>|