すとんこ

美女と野獣のすとんこのレビュー・感想・評価

美女と野獣(2014年製作の映画)
3.0
かつて調子ノリノリだった王子が呪いによって野獣の姿に変えられ、人里離れた森の奥でひっそりと暮らしていたが、ひょんなことから村娘・ベルとの共同生活を始めることにって話☆

イロイロ設定の違いは有れど、大筋は皆さんご存知ディズニー版と同じです(ベルの家族構成が大家族になっていますので混乱注意!)。そして、こちらの悪党は同情の余地は全くないほどに真っ黒クロ助。ド外道です。

野獣の今と、王子時代のセレブな日々が交互に描かれる2ライン構成。

そしてなにより、″こちら版″の見所は、ストーン・ゴーレムがならず者共を蹂躙していくシーン。爽快です。
銃弾に怯んだ時は、一瞬「えっ!?」ってなりましたが、すぐに盛り返しますのでご安心を。

エマ・ワトソンも良かったけど、レア・セドゥも良かったなぁ(単に胸の谷間に目が釘付けになってただけだろ説!)と思った一本(* ̄ー ̄)☆



○キャスト○
ベル:レア・セドゥ
野獣/王子:ヴァンサン・カッセル
商人(ベルの父親):アンドレ・デュソリエ
ペルデュカス(ならず者):エドゥアルド・ノリエガ
アストリッド(占い師):ミリアム・シャルラン
アンヌ(ベルの姉、クロチルドとは双子):オードレイ・ラミー
クロチルド(ベルの姉、アンヌとは双子):サラ・ジロドー
ジャン=バチスト(ベルの兄、次兄):ジョナサン・ドマルジェ
マキシム(ベルの兄、長兄):ニコラ・コブ
トリスタン(ベルの兄、三兄):ルーカ・メリアーヴァ
プリンセス:イボンヌ・カッターフェルト