ラフマン

悼む人のラフマンのレビュー・感想・評価

悼む人(2015年製作の映画)
2.0
小説が映画化されたものって基本的に見ません。原作を超える映画って滅多にありませんので。
でもたまに原作がイマイチでも映画が良かったってことがあるのでわからないもんですけどね。
で、この『悼む人』
以前に小説読んだのですが、なんかモヤモヤしたんですよね。まぁ映画を見たところで何か発見があるとは思えませんでしたけど、何となく見たんです…。

失敗しました。
ダラダラと説明のセリフばかりで何が言いたいのか最後までわからない。原作をもっとひどくした感じでした。
誰だよ、監督!って思って見たら、あぁ、納得。