悼む人(2015年製作の映画)

上映日:2015年02月14日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    堤幸彦
    脚本
    大森寿美男
    原作
    天童荒太
    キャスト
    高良健吾
    石田ゆり子
    井浦新(ARATA)
    貫地谷しほり
    椎名桔平
    大竹しのぶ
    大後寿々花
    あらすじ
    週刊誌記者・蒔野抗太郎(椎名桔平)が出逢った坂築静人(高良健吾)は、死者を「悼む」ために全国を放浪している男だった。残忍な殺人や男女の愛憎がらみの事件の記事を得意としていることから、人の善意を信じられぬ、猜疑心の塊のような蒔野は、静人の不可解な行動=「悼み」に疑念を持つ。蒔野は静人の化けの皮を剥ぐべく、彼の身辺を調べはじめるが……。 ベストセラー作家・天童荒太の直木賞受賞作『悼む人』を堤幸彦が映画化。 亡くなった人が生前「誰に愛され、愛したか、どんなことをして人に感謝されていたか」。そのことを覚えておくという行為を、巡礼のように続ける主人公“悼む人”こと坂築静人と、彼とのふれ合いをきっかけに「生」と「死」について深く向き合っていく人々の姿を描いた感動作。

    「悼む人」に投稿された感想・評価

    踊る猫
    3.9
    天童荒太氏の原作は例に依って未読。だから原作を何処まで周到に活かしたものかは分からないが……そもそもの設定自体ツッコミどころ満載だし、「死」と「生」をテーマに重く描こう/問おうとしている意欲は大いに買いたいのだけれど、堤幸彦監督はやはりコミカルというか、おちゃらけた場面を撮らせてこそ光るのではないか。つまり、この映画は(堤監督には甚だしく失礼な言い方になるが)悪い意味で真面目過ぎる。椎名桔平氏を活かしてもっと夫婦漫才的な丁々発止のやり取りを入れたり、カメラワークを遊ばせたりする余地があったと思うのだが、そういうのが禁欲されているせいで美味しい部分が台無しになっている感が否めない。現代風俗の取り入れ方も何処か頭でっかちというか、もうひとつ生々しく描けていないというのか……桜吹雪とか山際に月(太陽?)が登る場面とか、撮り方は色々あったと思われる。残念。堤監督のコメディに期待したい。また『イニシエーション・ラブ』的なものを!
    aya
    2.4
    高良健吾目当てで観ました。
    よくわからない変な映画でした。

    このレビューはネタバレを含みます

    悼む人にも性欲あるんだなあと思いました。
    ガーコ
    4.5
    「あの時生きていたということを私は覚えておきます」というセリフが頭からこびりついて離れなくなりました。

    人が死を怖がるのは、この世からいなくなる事への恐怖からだと思いました。

    でも、この映画を観て、生きている人の記憶から忘れ去られることも死への恐ろしさなのだと実感しました。

    最後の、大竹しのぶさんが息を引き取ろうとする中、娘が新たな命を生み出そうとするシーン。

    潰える命と誕生する命、その両極端の瞬間が同時に起こる奇跡に胸が揺さぶられました。

    まずは、自分をしっかり持って生きるところから始めたいと思います。
    3104
    4.3
    大竹しのぶは素晴らしい女優
    あと原作も読みたくなった
    自分のスタイルで故人を弔う旅をするという発想は考えた事がなかった。
    故人は悼む人の存在で、生を受けた意味を少しでも理解出来たのではないかと思う。
    低評価が多いが、自分は全体的に楽しみながら見れた。
    なかじ
    3.0
    しっとりとした雰囲気と石田ゆり子の儚げな役所が良。ただ生と死というテーマの大きさに、なかなか理解が難しかった。それと2時間と長めの映画だった
    Hawkwind
    1.5
    辛気臭くも重苦しい話だった。原作は未読だが、小説で読むだけで充分な気がする。
    役者陣も良く理解しないで演じていたとは思うが、それぞれ好演だったと思う。
    くらげ
    2.6
    人は死なないと人の心に残らないモノなのか、そんなに人の心に残りたいモノなのか、人の愛を感じられない事、愛せない事は悪い事なのか、自分自身に執着して何が悪いのか、この映画が伝えたい事が分からなかった、何処の馬の骨か分からない人の心に残っても、家族が覚えていればいいのにね、いつか覚えている人が死に、無になる事でいいのではないか。
    AKIKO
    1.0
    これ意味不明すぎて見たことすら
    忘れてました(笑)
    というか、最後まで見れません。

    なんだこれ、怖すぎる…
    意味不明だし、感動するでしょ??
    みたいなのがみえみえでそれが思いきり
    大失敗してる感じが面白い。

    何にも感動できなかったし、
    ただの自己満に付き合わされる
    ご遺族がかわいそうだと思った。
    >|