悼む人(2015年製作の映画)

上映日:2015年02月14日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    堤幸彦
    脚本
    大森寿美男
    原作
    天童荒太
    キャスト
    高良健吾
    石田ゆり子
    井浦新(ARATA)
    貫地谷しほり
    椎名桔平
    大竹しのぶ
    大後寿々花
    あらすじ
    週刊誌記者・蒔野抗太郎(椎名桔平)が出逢った坂築静人(高良健吾)は、死者を「悼む」ために全国を放浪している男だった。残忍な殺人や男女の愛憎がらみの事件の記事を得意としていることから、人の善意を信じられぬ、猜疑心の塊のような蒔野は、静人の不可解な行動=「悼み」に疑念を持つ。蒔野は静人の化けの皮を剥ぐべく、彼の身辺を調べはじめるが……。 ベストセラー作家・天童荒太の直木賞受賞作『悼む人』を堤幸彦が映画化。 亡くなった人が生前「誰に愛され、愛したか、どんなことをして人に感謝されていたか」。そのことを覚えておくという行為を、巡礼のように続ける主人公“悼む人”こと坂築静人と、彼とのふれ合いをきっかけに「生」と「死」について深く向き合っていく人々の姿を描いた感動作。

    「悼む人」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2017/02/03
    3.9
    天童荒太氏の原作は例に依って未読。だから原作を何処まで周到に活かしたものかは分からないが……そもそもの設定自体ツッコミどころ満載だし、「死」と「生」をテーマに重く描こう/問おうとしている意欲は大いに買いたいのだけれど、堤幸彦監督はやはりコミカルというか、おちゃらけた場面を撮らせてこそ光るのではないか。つまり、この映画は(堤監督には甚だしく失礼な言い方になるが)悪い意味で真面目過ぎる。椎名桔平氏を活かしてもっと夫婦漫才的な丁々発止のやり取りを入れたり、カメラワークを遊ばせたりする余地があったと思うのだが、そういうのが禁欲されているせいで美味しい部分が台無しになっている感が否めない。現代風俗の取り入れ方も何処か頭でっかちというか、もうひとつ生々しく描けていないというのか……桜吹雪とか山際に月(太陽?)が登る場面とか、撮り方は色々あったと思われる。残念。堤監督のコメディに期待したい。また『イニシエーション・ラブ』的なものを!
    ろっしー
    ろっしーの感想・レビュー
    14時間
    2.3
    きっといい話なんだろうけど、寝てしまった。爆睡してしまった。単調過ぎて無理。たぶん見直さない。
    inuko
    inukoの感想・レビュー
    2日
    3.5
    セックスが割ときっちり描かれてるのが、生と死をテーマにしてる意気込みが感じられるなと思った。
    moe
    moeの感想・レビュー
    3日
    2.5
    DVD

    なんかちょっと思ったのと違ったかな…?
    そのシーンいる?ってのがちょこちょこ…完全私感ですが。
    高良健吾と石田ゆり子目当てで観たのでまぁ良いけど!
    静かな映画なので、ところどころ声が聞き取れず、字幕設定も無く、ちょいちょい分かんなかったのが残念でした。映画館だったらこんな事も無かったのかもな〜
    あき
    あきの感想・レビュー
    3日
    4.5
    生きる意味を正面から取り組んだ作品。幻影との対話、生きること、死ぬこと、そして故人を悼むこと。
    心に刻む生きた時間を見つける物語。
    のろ
    のろの感想・レビュー
    4日
    2.7
    う~~ん。
    ストーリーは良い。
    きっと原作は凄く良いはず。
    だからこそもっといい作品になったのではと惜しい気持ちでいっぱいです。

    高良くん好きですがこの役はもっと小汚ない人にしてほしかった。
    放浪してるわりに綺麗すぎるんですよね。
    そればっかりが気になってう~~ん。
    あとはラブシーンいるかな?気持ち悪かった。

    色々苦手な作品だったなぁ、、
    特におすすめはしません。

    大竹しのぶさんだけめっちゃ良かった。
    お母さん、、( i _ i )ってなる。
    KH
    KHの感想・レビュー
    2017/05/20
    2.3

    このレビューはネタバレを含みます

    長いわりに見終わった後に何にも心に残らなかった。。

    不慮の死を遂げた見知らぬ人々を<悼む>ために全国を旅する高良君の話

    主要登場人物が大体どこかねじ1本外れたようなおかしな方々ばかりでなぜこの人たちはこんな行動しているのかも全くもってわかりませんでしたし、主人公の静人(高良)は見知らぬ人をわざわざその場所まで行き関係者や近所の人に聞き込みをし、独特な変な身振りをしながら小さい声でぶつぶつと「あなたはこんな風に愛されてました」とか「あなたのことを覚えておきます」とかつぶやく、彼曰く悼みという行為を繰り返している理由を尋ねられて「僕もわかりません。病気なんじゃないですかね?」って
    、そう返されるともう何も言えませんわ。。
    そんな不思議キャラを演じているのに最後の最後には廃トンネルでセックスっていうね。生と死ならぬ性と死ってか?っていう寒いツッコミが飛び出してしまったよ。

    自分ルールとして絶対に映画は最後まで見るって決めてるので見ましたけど、頑張って長い時間見てからのあのふわふわラストは流石に堪えました。ARATAが言ってた「あなたから生まれたい」っていうのがあるので、大竹しのぶが貫地谷しほりから生まれたってこと?(すっとぼけ)

    死霊の罠2ヒデキかよ。
    Wonkavator
    Wonkavatorの感想・レビュー
    2017/05/19
    2.5
    なんなんだろう、シーンが変わるごとにちょいちょいわざとらしいフィルター入れてくる映像...
    そして無駄に長く、単調でしつこい。

    トラウマを抱えた人たちにはこういう話って刺さったりするんでしょうか?

    描こうとしている死生観が微妙だし

    どう!?感動するセリフでしょ!?
    みたいなドヤってる感じがいちいち鬱陶しい。
    >|