悼む人の作品情報・感想・評価

悼む人2015年製作の映画)

上映日:2015年02月14日

製作国:

3.0

あらすじ

週刊誌記者・蒔野抗太郎(椎名桔平)が出逢った坂築静人(高良健吾)は、死者を「悼む」ために全国を放浪している男だった。残忍な殺人や男女の愛憎がらみの事件の記事を得意としていることから、人の善意を信じられぬ、猜疑心の塊のような蒔野は、静人の不可解な行動=「悼み」に疑念を持つ。蒔野は静人の化けの皮を剥ぐべく、彼の身辺を調べはじめるが……。 ベストセラー作家・天童荒太の直木賞受賞作『悼む人』を堤幸彦が…

週刊誌記者・蒔野抗太郎(椎名桔平)が出逢った坂築静人(高良健吾)は、死者を「悼む」ために全国を放浪している男だった。残忍な殺人や男女の愛憎がらみの事件の記事を得意としていることから、人の善意を信じられぬ、猜疑心の塊のような蒔野は、静人の不可解な行動=「悼み」に疑念を持つ。蒔野は静人の化けの皮を剥ぐべく、彼の身辺を調べはじめるが……。 ベストセラー作家・天童荒太の直木賞受賞作『悼む人』を堤幸彦が映画化。 亡くなった人が生前「誰に愛され、愛したか、どんなことをして人に感謝されていたか」。そのことを覚えておくという行為を、巡礼のように続ける主人公“悼む人”こと坂築静人と、彼とのふれ合いをきっかけに「生」と「死」について深く向き合っていく人々の姿を描いた感動作。

「悼む人」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.9
天童荒太氏の原作は例に依って未読。だから原作を何処まで周到に活かしたものかは分からないが……そもそもの設定自体ツッコミどころ満載だし、「死」と「生」をテーマに重く描こう/問おうとしている意欲は大いに買いたいのだけれど、堤幸彦監督はやはりコミカルというか、おちゃらけた場面を撮らせてこそ光るのではないか。つまり、この映画は(堤監督には甚だしく失礼な言い方になるが)悪い意味で真面目過ぎる。椎名桔平氏を活かしてもっと夫婦漫才的な丁々発止のやり取りを入れたり、カメラワークを遊ばせたりする余地があったと思うのだが、そういうのが禁欲されているせいで美味しい部分が台無しになっている感が否めない。現代風俗の取り入れ方も何処か頭でっかちというか、もうひとつ生々しく描けていないというのか……桜吹雪とか山際に月(太陽?)が登る場面とか、撮り方は色々あったと思われる。残念。堤監督のコメディに期待したい。また『イニシエーション・ラブ』的なものを!
はやて

はやての感想・評価

2.5
前半はまだそれぞれの死にエピソードがあって面白かったけど後半はほんとに観念的?だなぁ。愛を信じるために殺されたがるARATAと彼に愛されるために殺す石田ゆり子の話をメインにした方が面白いのでは(まぁ面白さを求めてる話ではないのだけど)最後高良健吾と石田ひかりが肉体関係を持つんだけどどうしてそうなったのか全く理解出来なかった・・・これが生と死なのか・・・
これ
感動する映画なの?
ごめんよく分からなかった

悼む人にも共感できず。
しんどいよね。
電気羊

電気羊の感想・評価

2.0
色んな人の死にまつわる人たちが、各々の動機により全国の死亡現場を巡礼していくのだが。死んだ条件や登場人物達の境遇が特殊すぎて感情移入できなかった。逆に突っ込み入れたくなるほどに。
初)原作未読。宗教抜きの死生観話。こりゃ伝わり難く重いなぁ~でも宗教のフィルターを通さず「死」を描写するのかなぁ~と思いつつ観ていたら…結局肉体関係持つんか~い‼(ノ-_-)ノ~┻━┻もっと生に対する描写があっても良かったんじゃない?何か勿体無いなぁ~
nao

naoの感想・評価

2.3
記録
題材に惹かれて観てみました。

感動作との事ですが、
感動ポイントがわからなかった。

演技は良かったので、
問題は脚本かな?

舞台版のDVDも機会あれば観てみたい。
Toa

Toaの感想・評価

3.1
記録。
>|