海月姫の作品情報・感想・評価 - 231ページ目

海月姫2014年製作の映画)

上映日:2014年12月27日

製作国:

上映時間:126分

3.3

あらすじ

オタク女子集団に突如降りかかった、史上最大のピンチ!彼女たちが仕掛けた大勝負とは!? 月海は、イラストレーターを志すクラゲオタク女子。小さい頃、亡き母と一緒に見たクラゲのようにひらひらのドレスが似合うお姫様になれる・・・こともなく、今やすっかり腐った女の子に。男子禁制のアパート“天水館”で、「男を必要としない人生」をモットーとする“尼〜ず”たちとオタク道を極めたそれなりに楽しい日々を送っていた…

オタク女子集団に突如降りかかった、史上最大のピンチ!彼女たちが仕掛けた大勝負とは!? 月海は、イラストレーターを志すクラゲオタク女子。小さい頃、亡き母と一緒に見たクラゲのようにひらひらのドレスが似合うお姫様になれる・・・こともなく、今やすっかり腐った女の子に。男子禁制のアパート“天水館”で、「男を必要としない人生」をモットーとする“尼〜ず”たちとオタク道を極めたそれなりに楽しい日々を送っていた。ゆるい日常は、女装美男子と童貞エリートの兄弟の出現によって揺るがされる。さらに、彼女たちの住まいであり心のより所でもある「天水館」=「聖地」が奪われる危機がぼっ発!!彼女たちは聖地を守れるのか?尼〜ずはバラバラになってしまうのか?そして、「男を必要としない人生」のゆくえは!?笑いと涙と萌えの【オタクすぎるシンデレラ・エンタテインメント】!

「海月姫」に投稿された感想・評価

violet

violetの感想・評価

3.0
映画なのにまるで漫画見てるみたいな感覚になるくらい再現度がすごかった!内容は途中飽きて腰が痛くなったりもしたけど!菅田くんちょっと違うだろとか思ってたけど普通にしっくりきた!飽きたけど!
はる

はるの感想・評価

4.0
試写室にて。

原作から好きだったのですが、個性的なキャラクターもくらげドレスも素敵に実写化されていて、良い感じに笑えて楽しい映画でした。
あと、能年玲奈ちゃんももちろんかわいいのですが、菅田くんのスタイル抜群な女装姿が本当にきれいでかわいい‼︎
楽しく観れて、テンションの上がるキラキラした映画でした♪
713RR

713RRの感想・評価

4.0
笑いあり涙ありで面白かった。
登場人物のキャラも原作に近く満足できた。
予告をみて気になった人は劇場に足を運んでも損しない作品だと思います。
ゆめ

ゆめの感想・評価

3.9
菅田くんが美しくて、能年れなちゃんもとっても可愛かった!能年ちゃんの目の綺麗さに引き込まれた。色鮮やかで、画面上が華やかで個人的にとっても好きです!見る価値ありです!
オタク文化を世界にしらしめる、って煽りがあった?、
女装好きというジャンルをお忘れなく、
あの姿であの声で、蔵にくらくらです
aipon

aiponの感想・評価

3.8
めっちゃおもしろかった。
めっちゃ泣けたし、めっちゃ笑えた。
菅田くんやべぇ。能年ちゃんもかわいすぎるし、観た後出てた人みんな好きになりそう。もこみちとかw

漫画原作ものでしょ?ガールズムービーでしょ?あまちゃん以降ダメだよね。って言うやついたら、いいから見ろや。と言ってやろう。

【追記】
二回観てもおもしろかったー
菅田くんの可愛さといったら!(2回目でも)
chi6cu

chi6cuの感想・評価

3.5
面白い!!愛情あふれるオタク×ファッションの大爆笑サクセスストーリー。
原作ファンとしては観たかったシーンは全て観られたので大満足。原作を知らない人もこれを見たらきっと原作が読みたくなる。非常に上手くシンクロした秀作実写化。

人気漫画の実写化の場合、登場人物をいかに緻密に再現するかが成功のカギだと思う。それの点においては全く持って不満が残らないほどに造形、存在としての役作りが徹底しており爽快感さえ覚えるほどに完璧なキャスティング。

とにかく、とにかく、菅田将輝バンザイ!
14キロの減量が作り出した体の形が蔵之介以外の何者でもない。のど仏を隠してしまえば完全に美しい女の子。
その脚線美は見惚れるほど。
身のこなしは優雅なのに蔵之介らしいガサツな話し方と恥ずかしげもない鋭い突っ込み。月海に対してごねるシーンなどは菅田将輝自身の低い声もセクシーに聞こえてしまうほどに、魅力的で目が離せない。
そして能年玲奈の愛らしさ。オタク特有の早口やうつむきがちな惰性。
手元を見ずにミシンを踏む千絵子、ブツブツ話すばんばさん、まややのあのポージング、ジジ様の消えそうな存在感。
尼ーずの面々の完成度も全員申し分なく、彼女たちの日常の空気感までも原作通り。
きっと、スタッフ全員が原作を愛しているのだ。

オタクという存在を底辺の社会不適合者のように自虐的に描きながら、彼女たちの秘めたる情熱をうまく引き出し、真逆のファッション業界に転身させるというとにかく素晴らしいストーリーはこの上なく面白い原作のなせる技なのだが、原作ファンならきっと全員が思った「このファッションショーの会場にいたかった!」という願望を、この映画は叶えてくれる。
ディテールに強いこだわりがあるところも、
熱中したら止まらないところも、
後先考えずに行動できるところも、
臆病で傷つきやすいところも、
すべてオタク女子の特性で、それらが融合して美しいドレスが出来上がり、魔法にかかったようなクライマックスの高揚感は圧巻!!
女を輝かせるのは恋ではなくサクセスだ。
男はそれをみてかわいいとほめてくれれば十分なのだ。

ファッションムービーとは、鑑賞した女たちにいかに「ああ、新しいワンピースがほしい」と思わられるかが勝負だ。と、常々思っていた。
帰り道、ふわふわする心で興奮気味に思った。
蔵之介みたいにフェミニンで臆病な男の人が好き。
月海の唇がかわいい。
赤い着物、うちにもあったかも。
ドレスは4着目が好みだったな。
ああ、新しいワンピースがほしい。
くらげのような、ドレスがほしい。
ちょこちょこはさむ笑いも面白かったし、能年玲奈さんの役もあっていてとてもよかったと思います。それぞれの個性がでてて、そして主題歌もよかったです!
Pilot

Pilotの感想・評価

3.7
とても面白かったです!
能年玲奈さんのおたく役は、ハマっていて可愛かったです。
蔵之介役の菅田将暉さんが美しく見えたのは、私だけ?!
片瀬那奈さんは、美しいのに意地悪な役が良く似合っていました。
いっぱい笑わせて貰いました。
試写会
いわゆる能年玲奈が能年玲奈らしい役をやっていて観ていて心地よかった。池脇千鶴や篠原ともえがエンドロールで名前を見るまで全くわからなかった。それくらいキャラクターになりきっていた。
長谷川博己の存在が今ひとつハッキリせず月海が恋い焦がれている部分がボヤけている感じがした。もう少し恋愛感情を描いてくれると分かりやすいのにと思った。菅田将暉の女装は似合っていて可愛かった。
漫画が原作なので全体的に漫画チックな作りになっているのは仕方ないが、石化する描写などは役者の力量で演技で見せてくれてもいいのでは?と思った。オタクの役者達はそれぞれ顔芸など演じることができる顔ぶれなだけに勿体無く感じた。