海月姫の作品情報・感想・評価 - 251ページ目

海月姫2014年製作の映画)

上映日:2014年12月27日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.2

あらすじ

「海月姫」に投稿された感想・評価

Sophie

Sophieの感想・評価

3.0
原作が好きだったので観てみた。コミックの映画化だとイメージが先行してしまってしっくりこないことが多々あるが、この映画は違った。特に能年玲奈ちゃん、すごいな。
正直、作品として物足りない部分はすごく多いと思う。

現実的に考えて主人公たちの行動には凄く無理があるし、突拍子もないような行動を起こす登場人物もいて ただただドタバタしているような印象を受けた。

そんな作品の足りない部分を コメディに徹し、やりすぎに感じてしまうくらいぶっ飛んだ演出と、メインの5人のキャラクター的魅力が充分すぎるほどに発揮されていて凄く楽しめました。

まず、5人のオタク女子たちのかなりコアで異質な嗜好に笑いました。

オタクをここまで誇張して描くと、おとぎ話っぽくてまったく厭味がありませんね!

ストーリーは凄くベタで予想を外れないのですが、主人公たちの、今まで住んでいた世界から踏み出して変えようとする姿には否応無しに応援したくなりますし、この5人が奮い立つきっかけになる蔵之介の演説の場面は実に良く出来ていた。

もう菅田将暉は素晴らしいですね。喉仏は出ているし、骨格は男性そのものなんだけど、所作やたちに振る舞いが まさしく綺麗でおしゃれな女子で、作品の世界観に凄くマッチしていました。

それと反するように、徹底的にダサくてどうしようもないくらいダメに演じきったオタク女子も良かった。

人間誰しもコンプレックスの一つや二つは持っているもの。
そんな現状に甘んじるのか、それを変えようと一歩踏み出すのか?
そんな元気がでる映画であることは間違いなし!

終始コメディに徹し、ヘタな恋愛要素も入れなかった点にも好感が持てますね、

メインの活き活きとして演技は当然かと思いますが、メイン以上に際立った魅力と存在感を発揮していた もこみち にベストアクターを贈りたいと思います。
setsudosha

setsudoshaの感想・評価

3.2
@MOVIX三郷。
正月ボケした脳みそからっぽな時期に観たので、素直に楽しめた。
原作ファンとしてはキャスティングも概ね満足!まやや・ばんば・千絵子の再現率たるや…!しかし菅田くんの女装が、すべてもっていってしまいましたとさ(女の子よりもカワイイってどーいうことじゃ!)。
話うんぬんより視覚的に印象に残ったので、娯楽映画としては正しいあり方だと思う。
夏牡丹

夏牡丹の感想・評価

4.0
原作は連載当初から読んでいたし、少女漫画原作映画にはあまり期待していなかったけれど
思ったよりずっとよかった!
序盤は安っぽいCG使い過ぎでどうなることかと思ったけれど、中盤以降はよく出来ていたと思う
能年ちゃんが可愛いのは当たり前、菅田くんもキラッキラでスタイル抜群肌綺麗で、予告で見た以上に蔵之介でした
太田莉菜はじめ尼〜ずたちの役への浸かりっぷりにもニヤニヤしてしまいました
何よりみんなすごく楽しそうに演じてるから、とても幸せな気持ちで観られたと思う

原作のファッションショーのシーンに少し物足りなさを感じていたので、映像だからこそできる演出に満足しました
おさと

おさとの感想・評価

3.4
天水荘に住む住民達のキャスティングが凄くツボでした。
やはり太田莉奈さんのランウェイでの存在感が圧倒的だった。
偶然にも今月号の装苑で衣装の特集記事が組まれていたので、映画を見た方ぜひ!
志ん魚

志ん魚の感想・評価

4.0
小1息子と。原作は立ち読み程度。息子の感想「面白かった」に概ね同意。まずはまややとばんばさん。太田莉菜と池脇千鶴の怪演に拍手。ほぼ最後まで目を隠したままの太田と池脇に『FRANK』でのM・ファスベンダーをちょっと思い出す。無駄遣いと言うなかれ。こういうのは楽しんだもん勝ちやで。つづいてジジ様。オバちゃんと化した最近の篠原ともえに妙に色気を感じていたところなので、この起用は意外で面白かった。そして千恵子。ラジオなどで聞くアジアン馬場園のとりとめのない語りは僕にとってどういうわけかいつまでも聞いていたいほど心地よく、関西女芸人の中でもことのほか好きだったので、こうしてスクリーンで彼女を観ることができたのはちょっと嬉しい。さて主演の二人だが、菅田将暉出演作で特に印象深い『共喰い』『そこのみにて光輝く』と観てきてその変幻自在っぷりには計り知れない可能性を感じる。驚くべき新人俳優である。んでまあ能年ちゃんは想定内。かわいいけどね。とここまで主要キャラを見てきたけれども、一番良かったのは実のところ「片瀬那奈」と「もこみち」だったりしてww いやマジで。
この手の映画は振り幅が小さい分、大きく期待を上回るでもなく下回るでもなく。

原作を知らない分、普通に楽しめました。

能年玲奈ちゃん、透明感ハンパなさ過ぎて眩しい。

ただ、30代の男が映画館に行ってまで観る作品じゃないのは確か。
KaoriPku

KaoriPkuの感想・評価

2.2
期待してなかったファッションショーシーンのドレスな可愛かった。が、そもそも東村せんせーの描く絵のかわゆさ、ユーモアが卓越し過ぎてるので映像化のメリットというか映像だからこその面白さが全くないんだよね。知ってる筋をそのままなぞっただけのものを見るという苦行のなか、能年ちゃんのキラキラが救い。池脇千鶴もやはりなんとも芸達者。
けろ

けろの感想・評価

3.5
とにかく菅田くんがすごい
後ろ姿が女の子にしかみえない
あと金髪似合いすぎです
ANNA

ANNAの感想・評価

2.9
思っていたよりはおもしろかった。が、もう少しストーリーを活かせたのではないかと思う。ヲタクたちのキャラなどはキャストがちゃんと活かせていてよかったと思う。セカオワの曲は妙にぴったりですごくよかった。まぁそういった面では誰とでも見れる映画かな。