海月姫の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

海月姫2014年製作の映画)

上映日:2014年12月27日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.2

あらすじ

オタク女子集団に突如降りかかった、史上最大のピンチ!彼女たちが仕掛けた大勝負とは!? 月海は、イラストレーターを志すクラゲオタク女子。小さい頃、亡き母と一緒に見たクラゲのようにひらひらのドレスが似合うお姫様になれる・・・こともなく、今やすっかり腐った女の子に。男子禁制のアパート“天水館”で、「男を必要としない人生」をモットーとする“尼〜ず”たちとオタク道を極めたそれなりに楽しい日々を送っていた…

オタク女子集団に突如降りかかった、史上最大のピンチ!彼女たちが仕掛けた大勝負とは!? 月海は、イラストレーターを志すクラゲオタク女子。小さい頃、亡き母と一緒に見たクラゲのようにひらひらのドレスが似合うお姫様になれる・・・こともなく、今やすっかり腐った女の子に。男子禁制のアパート“天水館”で、「男を必要としない人生」をモットーとする“尼〜ず”たちとオタク道を極めたそれなりに楽しい日々を送っていた。ゆるい日常は、女装美男子と童貞エリートの兄弟の出現によって揺るがされる。さらに、彼女たちの住まいであり心のより所でもある「天水館」=「聖地」が奪われる危機がぼっ発!!彼女たちは聖地を守れるのか?尼〜ずはバラバラになってしまうのか?そして、「男を必要としない人生」のゆくえは!?笑いと涙と萌えの【オタクすぎるシンデレラ・エンタテインメント】!

「海月姫」に投稿された感想・評価

パン吉

パン吉の感想・評価

3.1
dTVにて鑑賞。

原作未読のドラマ入門組。
なので、どちらがより原作に沿ってるのかは分からないけれど、(主にキャストの)好みは蔵子筆頭にドラマ版だった。
でもあの枯れ専ジジ様を演じてるのが篠原ともえだなんて、何回観ても信じられない位の化けっぷり。
原作もいつか読んでみたい。
たま

たまの感想・評価

3.5
菅田将暉の女装が素晴らしすぎて、金髪の方が違和感ありまくりでした!
のんちゃんの笑顔キラキラしてました✨ファッションショーのシーン良かったです。
misato

misatoの感想・評価

2.5
菅田将暉の女装を楽しむだけの映画。ショーの会場設定やらなんやらに無理がありすぎて、、、クラゲモチーフのドレスも全く可愛くないという。ある意味インパクトある映画。笑
ドラマを先に見てしまったからか、キャストはドラマの方が好きだった。
また、ストーリーが大筋で分かっているため、展開が早く粗く見えてしまう。
ただ、片瀬那奈は振り切っていてとても良かった。
sumire

sumireの感想・評価

3.3
能年ちゃん×海水
といえばあの名作連ドラですが、こちらもほっこり。
本作風に言うならば、池脇千鶴のムダ遣いではありませぬか!池脇氏が楽しんでおられるのならいいでありますが。
小鳥

小鳥の感想・評価

3.0
とってもかわいいお話だった。

個人的には、もはやファンタジーに分類される映画かなぁ。

ファッションショーの蔵子がとにかく可愛かった。

昭和生まれのアラサーとしては、お姫様とは、女雛と男雛のごとく王子様とセットのイメージなんだけど、現代のお姫様は王子様とか必要としないのね。。

…と、思ったんだけど、ショーの後で月海と2人で笑い合う蔵之介が男の子の格好なのは、多少そういう意味があるのかな?

でも、綺麗で勝気で、不敵に笑うお姫様、なかなか良い。

あとちょっとのやる気とか勇気が出ない時とか、とにかく可愛くてキラキラしたものに癒されたい時に観たい映画。
Kinakosan

Kinakosanの感想・評価

3.4
嫌いじゃないです、コレ。
キャストが豪華だ。。。

ありえないけれども、ありえないものを求めるのも、また映画のひとつの楽しみですからね。

王道な少女マンガ的なミラクルも、たまには良い〜。

次の日が仕事の、休みの夕方、サザエさん症候群に陥りそうな時間におススメです!

ちょっと逃避できます、笑。
kukuchi

kukuchiの感想・評価

4.0
月海ちゃん、普通に可愛いし(笑)原作の空気感が出ててよかった。天水館、広ーい❗️(笑)
苺

苺の感想・評価

3.3
漫画見た事あるから観てみた。
キャラクターがソックリで凄い!
蔵子めっちゃ可愛くて女装似合いすぎ。
足が細くて綺麗すぎる笑
ファッションショーのシーンがキラキラしてて好き。
ドレスがそれぞれ可愛くて結構原作に忠実だなと思った。
antaresu

antaresuの感想・評価

4.0
馬鹿にしてたけど良い映画だった!すごく良くできた映画だった。しょーもないポスター作るから皆んな観る気を失くしてしまった。実に勿体ない。