楽園追放 - Expelled from Paradise -の作品情報・感想・評価

楽園追放 - Expelled from Paradise -2014年製作の映画)

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:104分

3.7

「楽園追放 - Expelled from Paradise -」に投稿された感想・評価

ごっち

ごっちの感想・評価

4.0
興味深い
すす

すすの感想・評価

3.7
3Dアニメって好きじゃないし釘宮って媚び媚びすぎでは!?と思ってましたがゴリゴリのSFでアツかった。戦闘の作画も非常にカッコいい。
ShimaSyun

ShimaSyunの感想・評価

3.2
もっとポストアポカリプスしてるかと思ったけど現実世界は現実世界で意外とまわってる世界観
こういうものにありがちな「感化される人々」がいなくて楽園に居続ける選択をするのが珍しい
電脳な世界で生きてきた女の子が、リアルな世界で活動するため肉体を持ちロボを操作するお話です(^-^)

アクション★★★
見易さ★★★
普通に面白い。釘宮さんの声のおかげはかなりあるとは思うが。
前半部の宇宙での電脳生活を脅かす何者かを探りに地球に降り立つパートは、電脳世界と現実世界のギャップものとして人間の身体について示唆している。
後半部、楽園追放されてからは逆に人間ではないものが人間に見えるという展開に。一体何が人間を人間たらしめてるのだろうか。
終盤の市街戦の模様がマイケルベイっぽくて見辛いのと、追ってきた連中が声は豪華なのに殆ど見せ場がないことあたりは減点か。
ここまで違和感のないCG作画はかつてあっただろうか。手書きに最も近いCG作画そんな印象を受けた。
ヒロインのアンジェラがとにかく可愛いてセクシー。ストーリーの内容は好きなタイプのSFだったし、申し分なし。
エンタメディストピアsf映画。描写も戦闘も丁寧で良かったです
USUMAYU

USUMAYUの感想・評価

4.0
後半の戦闘は圧倒的。

あと少しの年限で
不気味の谷を脱出出来る
可能性をとても感じる
ずんぐりむっくりに感じたアーハンが終盤かっこよすぎて胸アツ。

王道なディストピアSFでありながら、今どきのアニメーション演出や世界観のいいとこ取りで映像の見どころが多い。

3Dモデルとしてアップルシードやベクシルなどとちがい、2Dをそのまま起こしたようなキャラクターでモーションアクターを使わないのは、ニトプラのこだわりなのだろうか。予算的な問題なのだろうか。でも、序盤でなれるしいいか。


そして突如脇役に登場する女性声優三傑。
>|