楽園追放 - Expelled from Paradise -の作品情報・感想・評価

楽園追放 - Expelled from Paradise -2014年製作の映画)

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:104分

3.7

「楽園追放 - Expelled from Paradise -」に投稿された感想・評価

風神

風神の感想・評価

3.2
虚淵さんのシナリオって事で視聴。

若干、媚び気味にも感じますが
ツボを押さえた作品かなぁ。

アーハンがオーガスに見えました。
虚淵玄はまどマギ、Fate/Zero、サイコパスと好きなアニメの原作・脚本家ということで期待大で鑑賞。
地球滅亡の危機に際し人類はほぼ電脳化、人工衛星のコンピュータの中に格納されている。そこでの自由はメモリの多さに比例するという設定。地上には少数の肉体をもつ人類が存在する。そこで地上からハッキングあり、調査に向かうとそこには人間味をもったAIが。
メモリ枠の中で最適化する幸福で満足する人類と危険を冒して得る幸福を目指すAI。どちらを選択するのか?
虚淵玄らしい暗い設定の中、らしくない明るい結末でストーリー的には魅かれるものがなかった。昔は人間を超えるAIが人間を凌駕する描写一辺倒だったのが、ダメ人間より優れたAIの方に軍配があがるのが昨今のSFの定石。人間らしさをもたない人があまりにも多くなって、いやネットの普及により繋がりすぎるが故にそういう人たちとも繋がってしまうから多く感じるのだろう。本作もそれぞれスタンドアローンを選択するという収まるとことに収まるため面白み欠けた。100分くらいではひねりやどんでん返しを入れる余裕がなかったな。
ロボットの戦闘シーンも早すぎて目がついていかない(年のせいか?)。
CGだからといって動かせばいいってもんじゃない。
キャラクターのCGは割と違和感なくて良いが16歳なら貧乳で良いのでは?もう単独の長編は任せてもらえないんだろうなあ…。
特に響くことはなく。
想定の範囲内。
ロボットアニメかと思ったら途中まで全然違うジャンルだった

人間よりも人間らしいロボットが人類の為に100年以上役目を果たしてその上一人で新しい環境を見つけに行くのはすごい感慨深かった(マクロス感)

アンジェラは一緒に行くと思ったら行かなかったあとケツ
にしや

にしやの感想・評価

4.0
面白かった~~。
フロンティア・セッターはヒロイン。
くぎゅと三木眞めっちゃハマってた。
モブの三人娘の声が林原めぐみ・高山みなみ・三石琴乃で豪華すぎてびっくりした。

スパロボTではアンジェラ強化してめっちゃ使ったから、(これ!スパロボTでお世話になった技だ!!!!)ってなった。プレイ中に見とけばよかったな。
夕

夕の感想・評価

3.0
メカのデザインがビミョーだった
戦闘シーンも色んなロボットアニメのパクリ感が満載すぎる
あっさりエロとあっさりロボで釣られる人たちもいるのかな
自称新人類が後手後手すぎて説得力がない
というか新人類の方達、元々は戦う相手もいなかったくせに何のためにあれだけの戦闘物資を保有してたのかわからん
固有名詞使いたすぎてセリフが冗長になってる(虚淵作品の中でも色濃い目な気がする)
新人類側の追手三人娘、普通に人間臭すぎて笑った
伊藤計劃映画と比較したらストーリーの薄っぺらさがよくわかる
何もかもが取ってつけたような設定、デザイン、セリフ(多分色々盛り込みすぎ)
くぎゅうの無駄遣い
ロレ

ロレの感想・評価

4.2
久々の観賞
アンジェラの表情がコロコロ変わって可愛い
シナリオもいいし、当然よく動く
何を持って人とするのか、問いかけとしては良くあるがちゃんと答えを出しているのも好感が持てる

フロンティアセッターいい奴だよな
彼の旅路に幸あれ
せいけ

せいけの感想・評価

3.5
人間らしさとは肉体が有れば人間なのか問いかけてくるSFサイバーパンク
AIが正当な理由で暴走するという展開を予想していたけど斜め上をいかれた
地上に住む人がいなくなったとしてもここにあった世界の記憶をAIが伝えていくというアイディアで勝ち
音楽や何気ない会話を通して人間とAIが心を通わせていくのもいい
映像やアクションもカッコ良かった
ただ主人公のコスチュームの露出度が高すぎて実用性を感じないのと序盤は説明に次ぐ説明なので物語に入り込みにくいところはあったかも
揺れる胸と尻フェミニストから叩かれそうなキャラデザしてるけどかなり面白い
CG作画がすごいアクションシーンは必見
エンディングがいい曲すぎる
>|