楽園追放 - Expelled from Paradise -の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

楽園追放 - Expelled from Paradise -2014年製作の映画)

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:104分

3.7

「楽園追放 - Expelled from Paradise -」に投稿された感想・評価

ぐ

ぐの感想・評価

3.0
ロボットの戦闘シーンの動きの良さに尽きる。話のうえでは少々奇抜さに欠け真新しさはない。が、お約束とも呼べる展開は、砂漠の中の廃墟やその爆発等の力の入ったシーンを繋ぐペース配分と言えるくらいの注力を感じた。
jack

jackの感想・評価

2.4
面白い設定や哲学的なテーマを色々な映画から持ってきて鍋に放り込んで、それが煮詰まる前に振る舞ってしまったような作品
虚淵好きだけどこれはちょっとなぁ
評価が高いのが謎
UC

UCの感想・評価

5.0
“人間”の定義。未知への探求。
見終わった後、宇宙に思いを馳せられる。SF映画として素晴らしい!

テレビはジブリばっかじゃなくて、こういう作品も金曜ロードショーとかゴールデン帯で流していいんじゃないかな?
アクションシーンも最高の出来でエンターテイメントとしても楽しませてくれる。
作中でも重要な歌がエンドロールで流れて感動!
虚淵玄が脚本の作品を探してたら見つけた。
近未来で人々が肉体を持たず意識とホログラムだけで暮らす楽園を守る子が地球上のロボットに感化されて追放される話。
ヒロイン可愛いし、ドミネーターに近しいものもあって興奮した!
ディンゴが弾き語りするとき若干音外すとこ好きw最後フロンティアセッターが機械的に歌ってるのも可愛くて好き( ¨̮ )♡
この主題歌めちゃいいわ、音源ほしい。

このレビューはネタバレを含みます

ディストピアの傲慢と歪み、
極端な機械文明と荒野の文明の出会い、
電脳戦とその裏をかく捜査方法、
大崩壊以前から残る廃墟の探索、
遥かな時をかけた外宇宙探索計画、
○○に目覚めた○○、

上記のようなSFとして現実世界に還元できる意義考えさせつつ王道でベタなストーリーだがそれがいい意味で明快で面白く感じた。

そして情景描写、会話の掛け合い、キャラ立て、ロボ戦闘など、現代まで積み上げられた演出技法で余すところ無く表現されている。
しかもプロットに破綻や無理が殆ど無い。
(ツッコミどころがないとは言わないが1見じゃ理解しきれてない所かもしらん)

宣伝の表紙は最近のアニメの流行りに合わせているけど、
その中に確かに脈々と続く良きSFの側面、受け継がれたモノが有る事を感じた。

虚淵作品であることは後から知った。
アダムとイヴエンド、好きね。
sayaka

sayakaの感想・評価

5.0
「人工知能が発展していった未来で、機械の音楽には人間と同じグルーヴがあるか」みたいな話を、一緒にジャズや吹奏楽をやってきたお友達と朝までひたすら語り明かした後日、一緒にこの映画を観て二人してめちゃくちゃ興奮しましたw

当時は知り合いのブルースマンともブルースのこと(音楽と人の心の話)ばかり熱く話していて、この映画はちょうどその頃に観た思い出の映画です。

キャラクターも魅力的だしストーリーも面白い!
何回でも観たい映画です。
久々のくぎゅぅぅぅぅぅ。
みきしんとの組み合わせ良すぎ。
神谷浩史やら高山みなみやら脇役も良すぎ。

5
アンジェラ・バルザックさんのエロボディ。

虚淵玄の脚本作って事で息子と観に行った作品。
僕は初虚淵玄でした。

全身の骨でビートを感じるのがロック、って話し。
これを劇場で観たのは2015年の元旦の夜だったんですが、実は2014年の大晦日から大雪が降って、あたり一面真っ白。
しかも大晦日の朝に灯油ファンヒーターがぶっ壊れて、大雪の中Joshinに買いに行ったなーw
明けて元旦、次男が友達の家に送って欲しいと言い出して、出かける事になったので、そのまま京都市内まで行く事にしました。
元旦で大雪、道路は空いてると思ってたけど、峠は大雪で大渋滞。
普段10分程度の峠が1時間ぐらいかかった記憶がw
この日に限らず、ぼくは大雪だろうが何だろうが、映画行くと決めたら必ず行く。
だって、その休み逃したら次の休みまで映画に行く機会無くなるので。
さて映画。
いやー、面白い。
ナノハザードと呼ばれる大厄災の後、電脳空間で大部分の人間が暮らすようになった地球で、残された人類の住むリアルワールドからハッキングされた事による事件を描いてるんですが、思ってたのとは違う結果が待ってます。
たった13館で、しかも期間限定公開、さらに原作無しの劇場オリジナル作品なのに、ヒットしたのは伊達じゃありません。
もちろんストーリーも面白いんですが、もう一つ見所があって、それがアンジェラ・バルザックのぷりケツ!w
これはぼくが勝手に言ってる事じゃなく公開当時、ホントにTwitterで話題になってたらしいですw
それはさておき、声優陣もかなり豪華ですよ。

この前から喉が痛いんですよねー。
疲れが手術だ弱ってる首にきてるだけだとは思うんですが、映画観に行くのに繁華街に行ったりしてるので、コロナの可能性も否定出来ませんがw




*********鑑賞記録*********
鑑賞日:2015年1月1日
鑑賞回:ー
劇場名:T・ジョイ京都
座席情報:ー
上映方式:2D 通常
レーティング:G
上映時間:104分
備考:過去鑑賞記録
**********************
Kiwamu

Kiwamuの感想・評価

3.0
虚淵ワールド全開。

人間ってなんだろうと思わされる。

AIの方が人間らしいっていうのも皮肉たっぷりで。

アンジェラとディンゴ、アンジェラとフロンティアセッター、それぞれの認識のズレが作品の世界観をしっかり伝えてくれてます。

SF色強いかなと思いましたが、それ以上に人間の話だったのでそこが良かったです。
Seven

Sevenの感想・評価

-
ハードボイルドSFアクションだと思ってたけど、もっとゆるっとしてた。
カウボーイビバップを思い出した。90年代っぽい。
3DCGもうまく使ってて違和感がすくないのも良い。食わず嫌いはよくないね。