楽園追放 - Expelled from Paradise -の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

楽園追放 - Expelled from Paradise -2014年製作の映画)

上映日:2014年11月15日

製作国:

上映時間:104分

3.7

「楽園追放 - Expelled from Paradise -」に投稿された感想・評価

真正面からSFといった映画です。古きよき王道SFの構造でありながら、現代SF的要素を上手い案配でバランスよく配分しています。
CGならではの表現も上手くハマっていて見事な作品です。
hyuGa

hyuGaの感想・評価

2.5
とにかく主人公のお尻。
ロボットアクションと聞いていた割に全然戦わないし、ガンダムのようにストーリーが面白いのかと思えばかなりつまらない上に、大体のキャラクターが腹立たしい。
オープニングとクライマックスの戦闘シーンは主人公も覚醒し非常に燃えたが、そこに至るまでが長すぎて退屈であった。
Hewer

Hewerの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ガネーシャ、仁王、ゼウスといった神(象徴としての存在)ですら宇宙のどこかにいた。これは結局、ディーヴァ世界の限界を示している。電脳世界の永遠平和を願うトップが結局は現実世界、物質界に存在しているという皮肉。ディンゴのディーヴァ(イデア界?)への否定は反宗教みを感じる。
『魔法少女まどか☆マギカ』と同様にディーヴァ保安官は交換可能性が強い。誰でもアーハンに乗れば戦えるのだ。実際、操作するためなら身体が乗る必要はなく精神のみで乗ることができる。
アーハン初登場時のアングル(ヒロインを正面から写すのではなく、機械系統をバックに臀部から写している)に監督のフェティッシュを感じる。降りる時もフェチ的だけどね。
通常のアーハンは少し抵抗がある。爆丸のような、E・HEROクレイマンのような形態のロボはちょっと辛い所がある。最新型アーハンのスタイリッシュさと対比させるためだとは思われるが。
『GODZILLA 星を喰うもの』とは違って明るい未来を一応は描いている。
水島監督、ありがとう。
アンジェラ・バルザックのCGモデルだけで一億点あげたい。
曲が死ぬほどいい。全人類に聴いてほしい。
「精神を数値化され、肉体を離れても人間と呼べるのか?」⇄「肉体を持たない人工知能を人間と呼ぶ事はできないのか?」

…など人間らしさを問うSFアニメでした。さすが仏教国、「魂の入れ物」設定をサクッと入れ込んできます。
マトリックスや攻殻ほど難解でもなければ高尚過ぎたりもしない。搭乗型ロボットにレールガンにミサイル、トラップや大気圏離脱、降下などエンタメ盛り盛り&美少女のおっぱいお尻が揺れる

オタク受けしそうな難しい用語を散りばめつつ、人物が自然に翻訳してくれるので置いてかれる事は無かったです。あー言えばこー言う、矛盾の出ない言葉選びがどこを取っても素晴らしい👏

美麗フルCGのアクションはたまに重力を見失ったり超ロングのツインテールの動きがおかしかったり台詞がウザかったり。あちこち発光したハイレグスーツのツンデレなんてあまりに安易で恥ずかしくなるんですが意外とエロには振られていない。
林原めぐみ、高山みなみ、三石琴乃といった往年の声優がほとんどモブ扱いでビビりますけど一発で判別させるのすごい👂





キュウべえとかチェインバーとかシビュラシステムとか…虚淵玄って「表情ナシ&文語棒読みの朴念仁」を登場させがちですよね。愛や死、感情などのぼんやりした概念を言葉で説明づけようとし、いちいち納得させてくるのホント面白いです💮

🕵️‍♂️「アンタにとって、好きってどんな感覚なわけ?」
📺「回線に負荷をかけるノイズでありながら、同時に処理能力を活性化する現象…と、定義できます」

📺「他者の非合理的行動で恩恵を被った者は、同様に非合理的行動で相手に恩恵を与えようとする傾向があります。私はそういう人間の習性を…」
🕵️‍♂️「そんなややこしい理由じゃない。一言でいうと、仁義ってやつだ」

…あたりの禅問答みたいな会話は永遠に聴いていられる
予備知識なく観たのですが、かなり面白かったです!
自分の中のアニメ映画の5本の指には入るんじゃないかと。
オススメ頂いたSFアニメ☆

ん~最近のアニメは本当に美しいですねぇ!

ロボ対戦はガンダムやエヴァぽいし、銃はドミネーターぽいし、格好良かった♪

おっぱいとお尻がプリンプリンで、最初エロゲかと思ったけどw

近未来の人工知能と人間の関係。
複雑にこねくり回しがちですが、サクッと分かりやすくて良い!

声優陣もなかなか☆
林原さんがカメオ過ぎるw



文明が崩壊した地球。
人々はデータとなり、電脳世界"ディーヴァ"で暮らすように。

が、そんなディーヴァに、地上からハッキングが!
犯人は"フロンティアセッター"。

そこで、保安要員のアンジェラが身体を装着し、地上へと向かう。

そして現地の捜査員ディンゴと合流し、フロンティアセッターを探すのだが……



仁義大事(* ̄∇ ̄)ノ

身体の自由と精神の自由
"奴隷"として"楽園"で暮らすのは自由だろうか?

単純ながらキャラクタもユニークだし、バトルも迫力があって楽しかった~

アンジェラは釘宮理恵さん!
流石のツンデレ女王ボイスでした(笑)
ロリでも巨乳で危険です、ぐへへへw

ディンゴは三木眞一郎さん。
射撃が上手いというだけで惚れた。
薄い本、買いたい。
悪くはないのですが、私は井上和彦さんに演ってもらいたかったなぁ♪

フロンティアセッターは神谷君w
何故か君づけでしか呼べない病(笑)
石田彰さんに似てますよね。
というか、石田さんで聴いてみたかった。
あ、歌えないからダメか……

ロボの造形や、乗り込んでプリっケツなアンジェラ、ドミネーターみたいな銃など、見所満載☆

オススメアニメです(*´ω`*)
鉄の塊のぶつかり合いが発作的に見たくなった時にオススメ。

重力化でのロボットの戦闘。
唐突なおっぱい。
急激なお尻。

ストーリーはよく覚えてないけど、メチャメチャ盛り上がった記憶がある。


心の震えるSFおっぱいロボットアクション。
Red

Redの感想・評価

3.0
ガワだけイーストウッドの兄ちゃんが出てくる虚淵マカロニ趣味かと思いきやそんなことはなかった。
劇伴音楽をNARASAKIさんがやっていると聴き視聴。良い曲だな〜