TSUBASA

極道大戦争のTSUBASAのレビュー・感想・評価

極道大戦争(2015年製作の映画)
1.6
なんやこれ(笑)
ヤクザ映画を描きたいのか
コメディ映画を描きたいのか
特撮映画を描きたいのか
よくわかんない仕上がりwww

前半はまだよかった。
噛まれたらヤクザになるって
いかにもゾンビ映画の延長線に
あるみたいで興味がそそられる。

民衆がヤクザになっていくところ
とかも笑えて面白かったです(笑)

ところが敵側のカエルが
出てきてからどうも
おかしくなりました(笑)
コメディはコメディでも
別の方向にいったみたいww
それが開幕の産声であるが如く
物語は失墜していきます、、

チープ感をだしまくって
支離滅裂なストーリー。
そして何よりも終わりの3分間
がどうしようもなかったです。

ただただ殴り合い。
紅の豚のラストかwww
しかもエンディングに入る
直前もはあ?て感じ(笑)
終わりの3分間を凝視できる人は
一体どれくらいいるのかと
疑問視するくらいw
この途中でもうこのレビュー
書き始めてました(笑)

出だしはなんとなく良かったのに
残念、、、

やはりこれが邦画クオリティか
と思わざるを得ない一品でしたw