daiyuuki

極道大戦争のdaiyuukiのレビュー・感想・評価

極道大戦争(2015年製作の映画)
4.3
敏感肌の半端ヤクザ、影山亜喜良は、最強伝説を持つヤクザの親分、神浦玄洋に憧れヤクザになった。ある日、毘沙門通りにやって来た謎の刺客たち。その圧倒的な強さに神浦と影山はなすすべもなく倒れる。最期の力を振り絞り、神浦は影山の首元に噛み付いて叫ぶ。超人的能力を身につけた影山の敵討ち。商店街を襲う恐るべき血の連鎖。影山が最後の決戦を迎えようとした時、大地が揺れ、奴がやって来る―。 冒頭のリリーフランキーとピエール瀧の壮絶な血まみれバトルや市原隼人と「ザ・レイド」のヤヤンルビアンの壮絶な格闘バトル、三池崇史特有な暴走していく展開やユニークなキャラクター(秋葉系の見かけだがシラットの達人の殺し屋や背中に棺桶を背負った殺し屋やかえるのぬいぐるみの殺し屋など)、首が引きちぎれたりバンパイアに噛まれた人間がヤクザになったりのトンデモな展開の連続、市原隼人と成海璃子のピュアな恋やリリーフランキーと市原隼人の強い絆などが加わり、「DEAD OR ALIVE犯罪者」のような荒ぶるアナーキーな作風の痛快なヤクザアクションホラーコメディ映画です。