ユンファ

グリーン・インフェルノのユンファのレビュー・感想・評価

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)
4.0
「食人族」のブルーレイがあわや発売中止かと、話題になってから、はや数ヶ月。
無事に発売されて安心したが、現時点でも、何故そんな事態となったのか理由は明らかではない。
映画秘宝の記事や、インターネット等の情報によると、amazonレビューでの動物虐待に関する批判的な投稿が発端であるとされる。(該当のレビューはamazonではもう読めない)
詳細は、秘宝を読んでいただくとして、スプラッター大好き人間の私でさえ、グロテスクな表現には、常にそうした批判がつきまとうことは、仕方のないことだと思っている。
だからといって、ソフトが発売中止になるようなことがあっては絶対にならないが、それもまた別の話である。

前置きが長くなったが、私が言いたいのはつまり、そういうレビューを書く連中に対して、「まあ、そういう意見もあるよね」と建て前では言うが、本音は「うるせえ。一生草でも食ってろ!オレの最大の娯楽をそんなクソみたいな考えで奪うんじゃあねえ‼︎」だということだ。

「グリーン・インフェルノ」に登場する自然保護団体のやつらは、まさにそういうクソ連中である。
やつらはのこのこ行ったジャングルで、ヤハ族なる食人族に襲われ、それはそれは悲惨な死に様を魅せてくれる。
素晴らしい。イーライ、夢が叶ったよ。

だが、残虐な描写はかつてのモンド映画ほど、エグさも物量もない。
個人的にはもっと殺って欲しかったが、amazonレビューを投稿した方は、「食人族」を見ていないようだったが、これなら見れると思う。いや、見るべきだ。
だって、亀は殺してないもの。