ラーメン

グリーン・インフェルノのラーメンのレビュー・感想・評価

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)
3.7
イーライ・ロスの代表作「ホステル」を観て、強烈な嫌悪感に苛まれた経験がありながらも、またこうして彼の最新監督作を観てしまった。嫌なのに…。

思春期の頃に街に貼られている「食人族」のポスターがあまりにも残虐で、当時としては珍しいモキュメンタリー・タッチの映画だったこともあり、実際に映画は観ていないがかなりのトラウマとなっている。イーライ・ロスがその「食人族」をモチーフに映画を撮ったというのなら、自らのトラウマに立ち向かうべくこの映画を観ねばなるまい!という覚悟で鑑賞。土曜のレイトショー、劇場は満席。なんたる奇特な方々。自分も含め。

よくできた映画だった。途中、残酷表現には正直目を背けること数回。だが、主人公達がなぜグリーン・インフェルノと呼ばれる密林に向かうことになったのか、また、その理由が大義名分に叶っているように見えて実はそうではないことをきちんと描くなど、イーライ・ロスの脚本の手腕には脱帽せざるをえない。

ラストのオチも、非常に現代的で好感を持てる。友人に勧めることは絶対に出来ない…が、次回作に期待。